けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

2017年夏までに名古屋での寿司屋開店を目指す、26歳が日々思うことを書いています!Twitter: kenchansushi

酒蔵の社長さんとの話

こんばんは!

 

 

今日はバイト先の送別会で、いろんな話ができました。

 

f:id:kenchan1023:20170312221911j:image

酒蔵が経営するバーなので、酒蔵の社長さんも参加してくれて、お酒について色々な話をすることができました。

 

 

寿司屋を1人でやるということなど話して、それに対してどのようにお酒を出していったら良いか、そんなことについて、たくさんアドバイスをもらいました。

 

 

寿司一貫に対して、おちょこ一杯でお酒を合わせていくようなことをしていくってのが付加価値を生むって言うような話もしました。

 

 

5000円の寿司屋なら、それをするだけで、1万円まで価値をあげられるとのことでした。

 

 

 

ただそこまでするにはそれなりの経験が必要です。知識も必要です。

 

 

でもそこまでいけるように努力しようと思いました。

 

 

日本酒は本当に幅が広いです。

 

 

温度も違うし、種類も無数にあります。

水を2,3cc入れるだけで全く雰囲気が変わるそうです。

 

度数の微々たる調整で本当に変わるそうです。

 

 

そこまで追求できたらと思います。

そうやって拘ってペアリングして行けたらと思います。

 

15貫に対して8種類とかお酒を出すとなると、出し方にも注意が必要です。

 

だいたい、合計2合ぐらいが気持ちよく飲めるぐらいだそうです。

 

 

なので、それを逆算してうまいこと出していきたいと思います。

 

 

その辺りのオペレーションについては、徐々に訓練していきたいと思います。機械を使う必要もあるかもしれません。

 

 

そんな感じでうまいことできたらなあと思います。

 

おちょこに関しても、本当に色々考える必要があります。

 

 

お酒のプロの方に様々な話を聞いて、本当に勉強になりました。

 

 

どうやったら付加価値をつけられるか。

 

そんなことをもう一度しっかり考えようと思いました。

 

 

その道のプロの人といろんな話をすると本当に色々なことを考えられます。

 

 

今一度どんなお店にするか、もう一度考えてみようと思います!

 

 

それでは^ ^