けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

2017年夏までに名古屋での寿司屋開店を目指す、26歳が日々思うことを書いています!Twitter: kenchansushi

勇気をもらう日

明日に大一番を控えています。

 

しっかりやりたいと思います。

 

もう新しいことはできないので、気をてらうようなことはせず、やって来たことを虚心坦懐の精神で評価してもらいたいと思います。

 

 

準備はある程度して来たので、明日やることはもはや限られています。

 

お店をやるにあたってここ数日は本当に勇気をもらいました。

 

 

友達からいろんな言葉をかけてもらって、やる気はとにかく上がっています。

 

こんな言葉ももらいました。

 

No one else is ever gonna have that kind of commitment to your company
Some one may come i with experience but they're never gonna know what you know
I never had anything like this in my life. Not many people do. The big beautiful exciting thing that you created. It's a dream isn't it?

 

 

誰しもが経験できるわけではなくて、ここまで来たのはやはり自分だったからできたと強く思うしかありません。

 

思い違いかもしれませんが、勘違いしながらも突き進む感じ。

 

 

今日会った友達もいろんな回り道しながらこれから日本酒の世界に飛び込むそうです。

 

 

26歳からのチャレンジ。

 

 

遅いと言われればそうだけど、いろんなことを考えた上で決めた道です。

 

 

なので、本気でやったろうと思います。

 

 

ごぼう抜きしてやるぐらいの気持ちで。

 

 

81の永島さんが今月の料理王国に載っていました。

 

 

影響を受けた人として、料理人を皆が上がる中、永島さんは千利休と。

 

 

それぐらいやっぱりとがっていかないと伝えることはできないのかなと思わされました。

 

f:id:kenchan1023:20170308234218j:image

 

Fucking ignore the system 

use it when it suits u

 

 

かなり重たい言葉ですし、勇気が沸く言葉です。

 

 

 

とにかくやってやろう。

 

 

そんなことを思いました。

 

 

ちょっと前に上げたバーの写真。

 

 

あそこでお店を始めようと思います。

 

 

辛いこといくらでもあると思いますが。。。

 

 

前を向いて突き進むしかありません。

 

 

 

人のために何かすること。それが幸福につながると信じています。

 

 

 

明日はその第一歩。

 

 

妥協なく、やっていこうと思います!

 

 

それでは!