読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

2017年夏までに名古屋での寿司屋開店を目指す、26歳が日々思うことを書いています!Twitter: kenchansushi

シャツで握る寿司屋

こんばんは!

 

恐ろしい話で、日にち跨いで既に3月です。

 

2016年も1/6が終わりました。

 

残りの10ヶ月、なんとかお店をしたいです。

 

一つ面白そうな物件がありましたので、近いうちに内覧をしてくる予定です。どうなるでしょうか。

 

外観はお世辞にも良いとは言えませんが、その少し怖いぐらいの入りにくさを利用する手はないか考えていました。

 

やはり少し薄暗くてエロい寿司屋を目指そうか。。

 

 

ちょうど知り合いから面白い寿司屋の写真をいただきました。

 

f:id:kenchan1023:20170301011344j:image

 

シャツで握る寿司。

密かに考えていたスタイルも既にされている方が来ました。

f:id:kenchan1023:20170301011347j:image

器もセンスがぶっ飛び、独学で極めた寿司とのことでした。

 

f:id:kenchan1023:20170301011508j:image

 

先付けにはたい焼きの形をしたしゃけのリゾットとのこと。

 

 

こんなお店、遊び心と寿司の創作料理です。

 

 

握りは数貫でコースの一部。

 

 

僕の目指すお店に最も近いお店かもしれません。

 

 

僕はこのお店に必ず行く必要がありそうです。

 

 

近いうちに行きたいと思います。

 

このスタイルなら、今日見た物件もしっくりくるかもしれません。

 

 

どうなるでしょうか。

 

 

内見をした時にイメージがわけばやって見たいと思います。

 

 

どうでしょうか。

 

 

近いうちにまたそのことについてはアップしたいと思います。

 

 

お店をする上で1番変わることが難しいのが物件です。

 

もちろん、引越しをすることも可能ですが、それでも、しっかり最初のお店が繁盛しなければそれは難しいでしょう。

 

 

なので、ここはシビアに、現実的な資金の面も考えながら店づくりを考えていきたいと思います。

 

 

そのためには常にアンテナを張り、チャンスを伺いたいと思います。

 

 

 

これから、どのように作って行くか。

コンセプトはかなりしっかりしてきたと思うので、あとはそれを土台に具体化して行くだけです。

 

もし物件が良ければ急ピッチで店づくりです。

 

 

楽しみです!

 

 

それでは(^○^)