けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

2017年夏までに名古屋での寿司屋開店を目指す、26歳が日々思うことを書いています!Twitter: kenchansushi

苦手なものを再構築する!

こんばんは!

 

今日は大阪にいます。

Hajimeという、アジアベストレストランの常連で今年は34位のお店に行きます。

 

 

だいぶ前に予約して、ついに訪問となりました。感想については明日書こうと思います。

 

 

とても楽しみです!

 

 

さて今日は昨日の寿司会で会話をしながら思ったこと。

 

友達と一致したことがいくつもあり、味の好みなんかが近いんかなあと思いました。

 

 

例えば苦手な食べ物はっていう会話でラーメンが出たこと。

 

あっさりしたものが好きで、どうもラーメンを食べたいという気持ちにあまりなりません。

 

 

友達に誘われれば全然行きますし、食べたらそれなりに美味しいとは思うのですが、なんとなく後から胃もたれもします。

 

 

寿司に関しても色々話をしていて、うなぎの寿司やトロなどを食べてもらった時と、白身を食べてもらった時はやっぱり反応が違います。

 

 

味が濃いものは分かりやすくて、ガツンと来るため、うまい!と言ってもらえることが多いです。

 

 

逆に淡白な魚。例えば白身。イカなどなど。

 

 

これらは、インパクトがそこまでないため、うん。美味しい。まだで止まります。

 

 

 

 

うまあ!!

 

 

こんな反応はなかなかありません。

 

 

こういうところにやりがいがあるのかも。そんなことを今日はと思いました。

 

 

チャンスと言い換えることができるかもしれません。

 

 

逆境に立たされると考えるように、こういうところで何か変化を与え、うまい!と思わせればイメージとのギャップで、インパクトが残りやすいのかもしれません。

 

 

当然、難易度は高いですが。。。

 

 

 

つまり、具体的には、これからこんなことにも挑戦しようかなということです。

 

 

寿司屋で締めに魚を使った、椀子そばサイズのラーメンを出すのもありかもしれません。

 

魚のアラを使ったスープは極ウマです。

 

 

さらに白身やイカに関しても、驚きを与えるような美味しさを提供したい。

 

 

そんなことを思いました。

 

 

f:id:kenchan1023:20170224182337j:image

 

 

これは昨日のイカです。

うまいはうまい。綺麗ではあります。

 

でも、インパクトがやはりない。

 

反応を見るとそうでした。

 

f:id:kenchan1023:20170224182415j:image

 

イカを買う日の昼ごはんは必ずゲソで作るパスタです。

 

これが、イカの出汁がめちゃくちゃうまい。

 

 

これを寿司に取り入れることはできないだろうか、、

 

 

そんなことを思います。

 

 

今日はたこ焼きを昼に食べました。

f:id:kenchan1023:20170224182512j:image

 

やっぱりうまいです。

うまい!そう思います。

 

これをうまくタコの寿司に取り入れることはできないだろうか。

 

 

なんとか再構築して行きたいです。

 

フレーバー、温度、食感。

 

様々な要素があります。

 

これらを合わせて、うまい!!

 

このガツンと来る感覚の寿司を、最初から最後まで。

 

 

うなぎやネギトロ、シメサバ、お椀寿司はこんな反応をいただくことがあります。

 

 

これを全ての寿司に。

 

 

目標にしたいです!

 

そのチャンスは苦手なもの。または、そこまで感動しないものを進化させること。再構築することにあるのかなと思います。

 

 

経験を凌駕すれば、インパクトは絶大なはずです!

 

考えてみよう(^○^)