けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記

寿司会 with グルメ人

こんばんは!

 

今日は寿司会でした。

 

最近は最低でも週二のペースで、寿司会をできていて、多いときは3回、4回と。

 

自分から声をかけてましたが、最近は声かけもいただいたり、リピートもいただいたり。

 

とても充実してきました。

 

 

どこかで、ブレイクスルーしてくれるといいなあ、なんて思います。

 

 

日本酒バイトも週三ぐらいでしながら、寿司会を豊田と名古屋で2回ずつできたらなあなんて思います。

 

そしたらかなりの練習回数に持って行けるので、仕入れも大きめの魚や、高級魚にもチャレンジできるようになってきます。

 

 

それができるようになればと思います。

 

 

 

今日は熟成系にもチャレンジしながら、ちょっとやはり匂いが付いてしまうものもありました。

 

 

その辺りは改善する必要がありますが、一つずつリスト化して行くしかないなと思っています。

 

 

話を戻して、今日は高校の友達でした。

 

かなりいろんなお店に行っていて、そのことなども話しながらいろんなアイディアを得ることができました。

 

 

やっぱりグルメな人と話すのは楽しいです。

 

 

いろんなお店を紹介してもらいながら、楽しい時間を過ごすことができました。

 

 

リピートも打診してくれて楽しみです(^○^)

 

 

今日は、色々チャレンジもしました。

 

マナガツオとホウボウは少し匂いがつくので、熟成は短めかなあとか。

 

 

金目鯛はやっぱり熟成に向いています。アマダイもかなり良いかと思います。

 

 

 

サヨリなんかの光り物も熟成しました。

個人的にはイカの味がかなり深かったです。

 

 

 

f:id:kenchan1023:20170224010145j:image

 

好評だった寿司の一つがこの甘エビのスクラム

 

青色の卵とその上には、甘エビのの頭をすりつぶしたものを乗せました。

 

 

こうすることで、卵の深みと、頭のガツンとした海老くささが広がってかなり良い感じでした。

 

これはかなり良い感じで、お代わりしてもらったりもしました。

 

 

甘エビはもともとあまり好きではなくて、それだからこそ、うまく食べる方法を模索しました。

 

そして、一つ完成系が見えてきました。

 

 

口に入れた時のインパクトと、その後の食感、そして、後味。

 

 

この三つを意識する必要がありそうです。

 

他にも、ネギトロパクチーのおはぎの握りや、うなぎは鉄板で喜んでもらえたり、良い感じで寿司会ができました。

 

 

椀寿司も好評でバリエーションを増やす必要がありそうです。

 

いろんなお店を見ている人に褒められるのはかなり嬉しいです。

 

またきてもらえるのがすでに楽しみです(^○^)

 

 

今日は良い気分です(^○^) 

それでは!