けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

2017年夏までに名古屋での寿司屋開店を目指す、26歳が日々思うことを書いています!Twitter: kenchansushi

アート習字で、店のテーマの漢字を書きました(^○^)

こんばんは!

 

遅めの更新です。。。

 

 

雨が降るとテンションが下がってしまいますねえ。

 

今日はバイト中にいろんな話をできて楽しかったです。お酒についてある程度知識がついてきた感じがします。

 

 

そして、昨晩のことですが、習字×アートなんて言って、漢字を書きました。

 

f:id:kenchan1023:20170223020718j:imagef:id:kenchan1023:20170223020725j:image

 

なんか、練習時は悪くなかったんですが、色々遊ぶように言われ、色をつけると変な感じに。。。

 

 

そして、本番で色紙に書くときにはボロボロ。( ;  ; )

f:id:kenchan1023:20170223020847j:image

 

悲しいできに、腹も減ってきて、途中でギブアップしました。

 

 

先生からは最初は良かったのにねえ。なんて言われる始末。

 

f:id:kenchan1023:20170223020921j:image

鮨のつもりです。こちら。。。

 

 

 

そして、最後に言われたのが、

 

文字だけがあなたに合っている。

 

 

文字だけで色気がある。

 

 

そんなことを言われました。

 

 

色をつけたり、アートと称していろいろやるとおかしくなるのは自分も感じていました。

 

 

そして、そのままが良いと言ってもらえたことは少し嬉しくもなりました。

 

 

文字だけで色気があるなんて、、、

 

 

嬉しくなりますね。(^○^)

 

ということで、お店をするなら、当然、魚の名前やお酒の名前を書く機会もあるでしょうし、看板なども書く必要があるかと思います。

 

 

そんなときには、変に手の込んだことをするよりも、自分の思いを胸に直球勝負でいきたいと思います。

 

 

 今回書いた字は、信、真、進、新、心。

 

 

全て「しん」と読むことができます。

 

 

これは、実はお店の名前としようとしている、自分の中でとても大切な言葉です。

 

 

自分の名前の頭文字の信。

 

真の寿司。そして真の気持ちで。

 

常に進化を続け、新しいものを追求したいです。

 

 

そして、心を込めて握りたいと考えています。

 

 

 

そのため、お店の名前は平仮名でしん。

 

様々な意味や思いを込めて。

 

 

そして、その名前に恥じないようなお店づくりをしていきたいと思っています。

 

 

 

今日は間借りして寿司をさせてもらう懐石料理のお店の大将に電話をしました。

 

 

初回の日程が決まりました。

 

 

まずは母親と母親の友人、そして大将に食べてもらいます。

 

そこで、うまく行けば持続的に続けられるということで、プレッシャーのかかります。

 

 

それが、3月9日で決まりました。

 

 

それまでにシャリの完成をまずは目標にしていこうと思います。

 

 

まだまだ試行錯誤中のシャリ研究。

 

 

しっかり完成させたいと思います!

 

 

頑張るぞ〜〜

 

 

それでは(^○^)