けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

2017年夏までに名古屋での寿司屋開店を目指す、26歳が日々思うことを書いています!Twitter: kenchansushi

バーカウンターにて

こんばんは!

 

昨晩のバイトからバーカウンターのメインの位置に立つようになりました。

 

 

立った時に、将来寿司をやることを想像し、少し胸が熱くなりました。

 

バー越しにお客さんを見る景色というのは、またすごく違いました。

 

 

やれることもたくさん増えてきて、あとはこれからドリンクの作り方を覚えて、お酒の知識も増やしていこうと思います。

 

 

これで、だいたい慣れてきたら、バーでの接客という1つやりたかったことができて、バイトを通じてたくさん得られるものがありそうです。

 

 

それから、やはり、バー越しに料理をするという、オープンキッチンスタイルでの授業も必要ですので、できる限り早くに豊田のお店を借りる手はずを整えたいと思います。

 

 

 

なんか、よく分かりませんが、本当にすごく良いタイミングで色々なことが起きます。

 

 

なんて運が良いんだろうと思う日々です。

 

 

 

自分からもちろん動くこともありますが、それだけではなく、友達、知人、お店の方、親戚、家族と様々な方にお声掛けをいただき、チャンスをもらっています。

 

 

本当に運が良い!

 

 

これにつきます。自分1人では何もできないし、こうして、どんどんチャンスをいただけて、生かさない手はありません。

 

 

何をしていても、1人では何もできないし、こうして協力してもらえるのは嬉しいです。

 

明日も寿司会で、楽しみです。

 

名古屋の家でやる寿司会はやはりキャパ的にもできる限界がありますが、お店を借りるということになれば、やれることがさらに増えるかもしれません。

 

 

最近は、様々な創作寿司のアイディアも考案中です。

 

1つ1つ試してみたいと思います。

寿司屋なのに英語のような横文字で1つ1つの寿司に名前をつけるというようなことをしても良いかもしれません。

 

 

お皿で1つ1つ出していく寿司屋というのもなかなか無いのではないでしょうか。

 

 

 

3部作のように分けて、いわゆる伝統的なスタイルの寿司で、矢継ぎ早に出したあと、椀物寿司や、手巻き寿司などの、手の込んだもの。

 

 

そして、最後には創作寿司というように、流れを変えても良いかもしれません。

 

 

 

おまかせというのをコース仕立てで持っていくのは、すごく楽しいように思います。

 

 

 

f:id:kenchan1023:20170210022855j:image

 

こういうような、白と黒のイカと称して出すのも面白いように思います。

 

 

シャリに墨を入れ、逆に、もう1つはネタに海苔の佃煮を引いたりしても良いかもしれません。

 

 

このような創作寿司のアイディアは常に探っていますが、できれば良いなと思う次第です。

 

 

 

 

 

バーカウンターに立ちながら、将来を想像していました。

 

 

早く立ちたい!

 

この想いを胸にがんばります!

 

それでは(^○^)