読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

2017年夏までに名古屋での寿司屋開店を目指す、26歳が日々思うことを書いています!Twitter: kenchansushi

ディープな名古屋。

アンニョンハセヨ〜〜

 

 

昨日から韓国からの友達が来ています(^○^)

 

 

名古屋を案内しながら、つくづく名古屋は変な場所だなあと思います。

 

 

大都市なのに、内向き志向もあり、独特な文化があるかと思います。

 

 

モーニング文化もそうですし、居酒屋の歴史の頂点と言われる大甚というお店があったりします。

 

 

ももまるというものすごく変なお店もあったり、一本路地裏に入ったディープな名古屋は本当に面白いなあと思います。

 

表では良い顔をしながら、裏ではものすごくディープな感じは、名古屋人をも象徴しているようです。

 

f:id:kenchan1023:20170202094557j:image

 

天井落としで有名な喫茶ツヅキにも行ってきました(^○^)

 

ショータイムとか言って、あんなことやこんなことさせられます。

 

 

友達もすっごく思い出に残ったとのこと。

 

f:id:kenchan1023:20170202095311j:image

 

ミルクとコーヒーを合わせて幸せ。

 

 

よく分からないセリフで、はい、カフェオーレとか言われながら写真を撮られまくります。笑

 

 

名古屋駅から歩いて25分。

 

 

歩いた甲斐がありました。

 

 

ちょっと値段が怖かったですが、ショーに関しては無料で、本当に趣味とのこと。

 

 

540円のカフェオーレだけ払えばOKです。

 

 

そんな、ちょっと変わった場所を後にして、次は大甚へ行きました。

 

 

相変わらずのすごい雰囲気でした。

 

 

近くの人とすぐに仲良くなっちゃう感じ。

 

 

みんなでシェアしたり、お酒を手酌したり。

 

オペレーションも見てたら面白かったです。

仕込みで、ある程度の量を見込みながら作っておいて、どんどんお皿に盛っていく感じ。

 

 

いろんな国の人が働いてるのも面白そうで、ちょっと働くのも視野に入れておこうと思います。

 

f:id:kenchan1023:20170202095808j:image

 

そこから、夜は寿司会。

 

 

これも楽しくできました。

時間がない中で、ホウボウやハタと言った高級魚も使い、味を確認できました。

 

 

何点かおつまみも出したり、煮ダコも好評でした。

 

 

ネギトロは定番だったりしますし、ホタテカルパッチョ巻きも良かったです。

 

 

あまりはあぶりにもしましたが、ホタテは結構万能ですねえ。

 

 

結構喜んでくれたようで、来てくれた友達が会社の出張寿司会もリクエストしてくれました。

 

 

韓国人の友達も今まで食べた中で1番と言ってくれました。

 

 

そうやって、チャンスが広がるのは良いですねえ(^○^)

 

 

韓国人の友達が来たこともあり、名古屋を一度俯瞰して見てみると、やっぱりすごく変な場所なように思います。

 

 

新栄や今池の方に行くともっともっとディープな気がします。

 

 

何となく、寿司をするなら、名古屋の中心部は避けなければ行けないのかと思います。閑静な住宅街の中にポツンとあるようでないと、ディープな名古屋では大変かもしれません。

 

 

周りのキャラが濃すぎて。。。

 

 

物件を探す上でもある意味、参考になりました。

 

 

避けるべきところは避けながら、ベストな場所を見つけられたらと思います。

 

 

焦らず、しっかり探して行きます(^○^)