けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記

12分の1が終わり!

こんばんは!

 

 

2017年の1/12が終わりました!本当に早いです。時が過ぎるのは本当に。

 

 

 

あと11ヶ月すぎた時に、2017年が終わる時にはなんとかお店をやって入られたらなと思います。

 

 

 

この1ヶ月は本当に貴重な時間だったように思います。

 

様々な出会いがあり、また自分のやりたいお店のことも考えました。

 

 

料理をしたり寿司を作る回数はかなり少なくて、今後の方針を考えるのに費やしたように思います。

 

 

 

だいぶなりたい像というのは明確化できているように思います。

 

 

 

当然、足りない部分もありますし、これからマイナーチェンジも少しずつしていくかとは思いますが。。。

 

 

 

2月からはどんどんまた、寿司をやって行きたいです。

 

 

週に2回ぐらいは握るチャンスを組んでいます。

 

 

3月からは実際に店舗を借りる話も出てきています。

 

 

 

地元のカウンター形式の懐石料理屋さんの店主のご厚意により、実現しようとしています。

 

 

 

やはり、こうして迷惑をかけながらやっているわけですが、今は仕方ないかなと思っています。

 

 

 

少しの間は色々な人のお世話になる。

 

 

そして、必ず、恩返しをしっかりとする。

 

 

今はまだその力はないけれど、この成長スピードをさらにさらに加速してなるだけ早く、周りの人たちを安心させ、やりたいことをする。

 

 

 

そんな思いが日に日に強くなっています。

 

 

 

今日は、夏にヒッチハイクで旅をしていたときのことを思い出し、振り返っていました。

 

 

 

本当に様々な出会いがありましたし、寿司を通じて仲良くなった人がたくさんいます。

 

 

 

10人10オレ流なんて言葉も出ていましたが、本当にその通りで、自分を信じてやるしかありません。

 

 

先ほどこの本、読んでました。

 

f:id:kenchan1023:20170131203916j:image

タイトルはとてもマーケティング的と言いますか、話題性がありますが、その内容の一部はとても良くて、自分を信じなければならないということです。

 

 

この著者は野球を本気でやっていたそうで、バッテリーを組んでいた相方は清水直行選手。

 

 

日本がWBCで世界一になった時に代表チームに入っていました。

 

 

その彼と、著者は昔は同じようなレベルにいたわけです。

 

 

そして、彼が日本代表までになり、著者がそうなれなかったのは、1つに自分を信じきれたかどうか。

 

 

人は挫折する時が当然あるし、諦めてしまうこともある。

 

 

でも、これだ!と思ったのなら、周りがどう言おうとも諦めてはいけない。

 

 

言葉にするのは簡単ですが、自分が実践できるかどうか。

 

 

これは、いかに自分を信じられるかです。

 

 

僕はどうでしょうか。

 

 

絶対にできると思います。

 

 

自分のやり方で、山積みの問題1つ1つを解決して行きたいと思います。

 

 

 

どんなステップになるかも分かりませんし、常識はずれのことをするかもしれません。

 

 

それでも、それを信じてやろうと思います。

 

 

苦しくても辛くても。今なら自分を信じられるように思います。

 

 

 

周りから見たらキツイことでも楽しんでできるように思います。

 

 

 

とにかく、ここからの11ヶ月。

 

しっかり1つ1つ問題をクリアし、最初のステップを踏み出したいと思います!

 

 

それでは(^○^)