けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記

結局は気持ち!美味しいお店15 串焼大将 静岡

こんばんは!

 

昨日、今日と、静岡に行きました。

大将という焼き鳥屋の大将を紹介したいということで、友達に誘われていきました。

f:id:kenchan1023:20170122173220j:image

 

とても、居心地の良いお店で、夫婦やサラリーマン向けの居酒屋という感じです。

 

 

ふらっと立ち寄ってビール一杯に串を少しつまんでいくようなお店。

 

色んなお客さんが来るとのことです。

 

 

その大将は人柄が本当に素敵で会った瞬間に、この人の話を聞きたい!そう思いました。

 

 

聞いてみると、本当にどんどんどんどん、面白い話が出てくる出てくる。

 

 

本当にすごいなあと思いました。

 

 

思ったのは、ある程度の勢いやノリはありながらも、しっかり勝算があることを計算し、そして行動しているところ。

 

 

そして、目標を達成するためにどのように努力していくかということです。

 

 

最初はスキーが好きで、ペンションを買いたくて、そのためにハンバーガー屋さんを始めたそうです。

 

3坪のテイクアウトのみ。

 

 

思いの外、当たったそうで、それを拡大し10年で3店舗を経営。

 

そのうち7年ぐらいは遊びまくったそうです。

 

 

最近でこそ、遊びが大事だという人が増えたように思いますが、20年以上も前からそれを実践している大将の言葉は本当に説得力があります。

 

 

今は70歳に近いのに、現役バリバリ。

仕事もして、海外進出も継続して仕掛けていくあたりは、もう仕事を遊びのように楽しみ始めています。

 

 

焼き鳥も美味しくて、価格を考えるとすごいなあと思いました。

f:id:kenchan1023:20170122173541j:image 

 

 

 もともとは自動車関係の仕事で30過ぎまでは、バリバリ働いていたそうです。営業で重役までになり、これからというときでしたが、周りの反対を押し切って独立したそうです。

 

一切、周りの批判などは聞かずにやりたいことをやろうとしたそうです。

 

そこに、不安はなかったとのことです。

 

 

そのような強さを持ちながら、また勢いもしっかりあって、未だにその勢いは止まりません。

 

 

1月1日から年中無休でお店を開け、あそこならいつでもやってると思われるお店を作りたいとのことです。

 

 

本当にすごいなあと思います。

 

 

自分の父親が60歳で定年退職し、最近はそこそこに趣味を楽しんでる感じと伝えると、ダメダメ、もっともっと遊ばなきゃと。

 

夢を持ち続けなきゃ。と。

 

 

本当にそうだなって思いました。

 

大将の生き方がまさにその通り。遊んで、常に楽しむ中で、やりたいようにやっています。

 

周りはとやかく言うかもしれませんが、それでもぶれずにやることが大事だそうです。

 

 

その大将の周りには面白い人がまた集まるそうで、趣味のヨットの繋がりでいろんな人と出会ったり、その繋がりや紹介で、またベトナムへの進出の話が来たりととどまることを知りません。

 

 

なにが大事なのかは、楽しみたいと常に思うことと、それから、夢に向かって行動すること。

 

この両輪を常に持っていれば、転ぶことはありませんし、ブレることもありません。それを伝えてくれたのが大将でした。

 

 

この出会いでまた、前向きになりました。周りは色々言う人もいますし、優しさで厳しいことを言ってくれる方もいますが、自分信じてやっていかなければ道は切り開かれないように思いました。

 

 

この出会いで、またやる気が出てきました!

 

 

それでは(^○^)