読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

2017年夏までに名古屋での寿司屋開店を目指す、26歳が日々思うことを書いています!Twitter: kenchansushi

攻めるお店作り!

こんばんは!

 

 

最近はもっぱらお店作りに関することをしている、または考えてる、または話していることが多いです。

 

教えてもらったりも。

 

 

街を歩いていても気になるのはそのことばかりで、いろんな案を考えてはいます。

 

万人受けは狙うのはやはり大きな資本が固まるところであって、個人が狙うのは、大手がやりたくないことだったりすると思います。

 

例えば、大甚という、居酒屋の頂点と日本で言われているお店が名古屋にあります。

 

このお店に入り口にこのような張り紙が。

 

f:id:kenchan1023:20170118163659j:image

 

閉店も9時頃だったかと思います。

 

1件目として来てもらうことのみの想定です。

 

0次会用の晩杯屋なんかも東京にはあるそうですが、こういったように攻めの姿勢は大事なのかもしれません。

 

 

博多には、真というサバ定食のお店があるみたいですが、そこでは、メニューは1つ、塩サバ定食。お昼だけで200人ぐらいが来るそうで、それだけでかなりの売り上げです。

 

メニューが1つなので人件費もかなり抑えられます。

 

 

オーダー取る必要なし、料理人も前もって焼き始められる。

 

鯖が嫌いな人には?

 

 

来ないでくださいというスタンス。

 

このような業態でやっているお店はファンがついてしまうと、かなり流行ると思います。

 

多くの人に受けを狙うのではなく、少ないコアに向けて。

 

 

歩いていると、美容院が二階にあります。

 

f:id:kenchan1023:20170118164237j:image

 

よく見ると、マッサージをしています。

このマッサージ、なぜやるのでしょうか?

 

 

おそらく、美容院が何となくやってることのうちの1つだと思います。

 

 

 

特に意味もなく。周りがやっているからやる。

完全な思考停止状態で、こういう小さいところから、省くべきところは省いていくべきだと思います。

 

 

マッサージがすごい気持ち良い美容院とか言いだしたら、本末転倒ですし。

 

 

なので、何となくの慣習でしてしまうことはどんどん排除していかなければと思っています。

 

 

そして、できれば、どんどん絞って絞って、シンプルなお店作りをしていきたいです。

 

 

すべての行動や提供するものに意味やストーリーがないといけないと思います。

 

 

その積み重ねが唯一無二の存在に、更には攻めの姿勢での店作りにつながるんだと思ってきました。

 

解消するべき問題がかなりありますが、1つずつやっていきたいと思います。

 

そう言えば話は変わりますが、串カツあらたのフライドポテトがあまりにも美味しくて、3人なのに4回も注文しました。

 

 

フライドポテトの美味しい居酒屋って良いですね。

 

串カツ屋だけあって、油に気を使っているのか、なんかとても美味しかった。

 

 

こうやって意外なところに面白さがあるので食べるのがやめられません(^○^)

 

それでは!