読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

2017年夏までに名古屋での寿司屋開店を目指す、26歳が日々思うことを書いています!Twitter: kenchansushi

cainoya again! 後半戦

こんばんは!

 

今日は鹿児島で仙巌園に行き、トンカツを食べ、白くまも食べ、良い1日を過ごしました。

それについてはまた書きます!

 

そして、ディナーの続きです!

 

f:id:kenchan1023:20170116000118j:image

 

まずは鰻です。

白焼きと蒲焼き。蒲焼きの方は醤油を使わずに、バルサミコ酢とワインと出汁で煮込んでから皮目を焼いたものだそうです。

 

食べた瞬間かなり香ばしくて美味しかったです。ただ、分厚さに若干の物足りなさを感じました。本当に美味しい鰻ってもっと肉厚な印象があるからです。

 

次はクリスタルサラダです。

f:id:kenchan1023:20170116000128j:image

これは、渡部の歩き方でも紹介されていましたが、サラダにミネラルウォーターが含まれたものです。

食べれば食べるほど、水が出てきてシャキシャキです。根菜類と出汁が浸透させてあります。驚きの連続でした。

 

 

f:id:kenchan1023:20170116000136j:image

アイアンステーキはオナガ鴨でした。

 

モモ肉とムネ肉を。

ムネ肉はかなり柔らかくて、この色でもしっかり火が通っています。とても特殊なやり方で焼いていて、温度の上げ下げはどのように思いつくのか。。いつも、完成形をイメージしながら作るそうですが、それはかなりの経験と勘がいるように思います。

 

本当に美味しい一品でした。

 

f:id:kenchan1023:20170116000143j:image

ピーチは黒毛和牛のラグー似合わせて。モチモチのうどんのような、でもアルデンテに仕上げられたピーチは抜群にうまかったです。

 

もうこれ以上食べられないぐらいお腹がいっぱいになってしまってからの、セコガニのリゾット。

f:id:kenchan1023:20170116000155j:image

と言っても、リゾットはリゾーニで。

お米の形をしたパスタです。

蟹の出汁も使われていて、外子に内子も。とても贅沢なリゾットでした。少し味が濃いかもしれません。

デザートはチーズケーキから。

f:id:kenchan1023:20170116000820j:image

濃厚です。金柑もしっかり味が付いていました。

f:id:kenchan1023:20170116000203j:image

 

最後はいちごのタルト。

タルト生地のアイスとシロップを浸透させたイチゴを食べると口の中でイチゴタルトが完成しました。

 

うますぎます。

 

 

そして、ギブアップ。。。

 

お茶菓子は残してしまい持ち帰り。紅茶を飲みました。

 

ワインリストはこちら!

f:id:kenchan1023:20170116001051j:image

 

 

そして、嬉しかったのがシェフが来てくれて乾杯してくれたこと。

f:id:kenchan1023:20170116000943j:image

 

高級な焼酎も一杯いただきました。

とても美味しくて、貴重な話を聞かせてもらいました。

 

飲食店経営の厳しいところ。いかにロスを出さずに回していくか。営業力も必要です。

 

 

それから、経験も。

 

厳しくいろんなことを言ってくれて、難しいという指摘も受けました。でも、最後にニコッとして頑張ってねと肩を叩いてくれました。

 

 

なかなかあんなすごいシェフがああして、親身になって話してくれるってことはありません。

 

それが感動で嬉しかったです。

 

 

また、言われたことをやはりそのまま受けるのではなく、自分の中でしっかり咀嚼して、受け入れていきたいです。

 

 

やはり、この一年で開店する目標は達成したいです。

 

それが、きっと自信にもなるからです。一般的ではないやり方でやりたいというのもあります。

 

 

もちろん茨の道というのは分かっていますが、それを強く心に意識することができました。

 

 

シェフの言葉、本当に重みがありました。

 

 

もう今日から本気度を更に上げて普通の何倍ものスピードでやってやらなきゃなりません。

 

 

この一年、本当に、やるしかない!そう思いました。

 

名古屋に戻って来たので、もう早速、行動です。