けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記

博多で!美味しいお店14 博多ほたる 福岡

こんばんは!

 

福岡から帰ってきました!

福岡について酒屋さんを周ったり、あとは、住吉神社でお参りをしてから、夜は2月にシンガポールに行ってしまう友達に会ってました!


ちょっと歩いたらすぐに分かりますが、博多は本当に飲食店のレベルが高いです。そして、安いです。ありえない価格。

内装にもかなりお金をかけてあるように思いますし、それなりに人件費もかかってそうなんですが、なんでこんな価格でできちゃうの?


そんな疑問を強く持ちました。


その1つがこのお店。
博多ほたるというお店で、福岡だけでなく東京にも何店舗かあるようです。

 


料理は九州ならではと言いますか、サバを刺身でいただくことができます。

 

f:id:kenchan1023:20170108122358j:image

これは脂のノリもよく美味しいと思いました。新鮮さはありますがそこまで、味わいはないのかもしれませんが、それでも刺身でサバを食べられるのは嬉しいです。シメサバなんかとは全く違う魚のように感じるほどです。


そして、名物の藁焼き。

f:id:kenchan1023:20170108122421j:image

目の前で藁焼いています。これはかなり良いプレゼンテーションですし、何よりマグロは香ばしくて美味しかったです。

これぐらいのことやっても良いかもしれません。

炙りって、ガスバーナーでやると本当にダサいです。工具を持ってきたの?ってデザインです。なので、こう言うのも考えたいと思いました。


種類は4種類で、明太子とサワラとカマンベールチーズもいただきました。

どれも美味しかったです。

 

f:id:kenchan1023:20170108122440j:image

また燻りがっことクリームチーズはチーズに塩昆布が混ぜてあってより、燻りがっことマッチングしてました。これは使えますし、何より盛り付けもきれいでした。


チーズを何種か持ったものと日本酒の生酛系の燗なんか出したいなあとか考えてました。スモークサーモンとチーズとかも合いますよねえ。
チーズの勉強もこれからする必要があるでしょう。


お酒は福岡のお酒で三井の寿の辛口。すごくスッキリタイプで、次には三重の爾今もいただきました。

サイズは60ml

f:id:kenchan1023:20170108122712j:image

全然ありでした。

このサイズでグラスを固めても良いのかなあとか。

これはお米の味がしっかりした純米作りのものでした。
サバ明太のポテサラなんかは味が濃かったのですが、それに負けないぐらいしっかりとした飲み口で美味しかったです。


こちらのお店のお酒は秋鹿が入っていたり、地酒中心で、ブームになってるような高価なものではなく、手の届く値段で美味しいもの。正直、ブランド酒に負けないような味わいのお酒を置いているあたりも、すごく好感が持てるかと思います。

f:id:kenchan1023:20170108122455j:image


僕がやりたいお店のお酒もこのようなラインナップになるのかなあとか思ったりもしました。


カウンター席だけではなく、テーブル席も幾つかあり、二階席もあるそうです。

コースもあるとのことで、いつかまた行きたいと思えるお店になりました。

 

トイレも抜かりなく、清潔で、消臭スプレーは木箱の中に。

 

これは昨夜書いた、非現実空間の演出と同じ狙いを感じました。

f:id:kenchan1023:20170108122509j:image

 

他にも刺身盛りやつまみ数点。

2人でお酒は7杯。

 

これで、9000円ほどでした。

 

安さに驚きです。

お酒を飲まなければ、1人2000円ぐらいでしょうか。

 

本当に博多のレベルの高さに驚愕した1店目となりました。

これは必ずまた近いうちに行くことになるなと思いました。

 

本当に九州は良いなあという思いが強くなります!

 

それでは(^○^)