けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記

目標、行動、判断!

こんばんは!

昨夜の新年会は疲れがあったのか、すぐに酔ってしまいました。

あと、めちゃくちゃ久しぶりにビールを飲んだらこれまた酔いました。

炭酸が苦手なのかなあ。

 

それでも、社長さんはじめ、酒蔵の社員の方々からは色々教えてもらえたような気がします。
これからもしばらくお世話になると思うので、様々なことを吸収できるように、頑張ろうと思います。

 

f:id:kenchan1023:20170106113703j:image


今日から2日間福岡です。
留学時代に知り合った友達が来月からシンガポールに駐在員として行くそうで、しばらく会えなくなるので、会いに行きます。


福岡に行くということは、時間とお金をある程度かけて行くわけですから、その分寿司の練習などの時間が取れないことになります。


今月は鹿児島に行く予定と、東京に行く予定もあって、あとはバイトで埋まってしまっていてなかなか寿司会ができません。


お昼に食材研究と、ガリなどの研究、それから調味料の研究などを進めていく月となりそうです。

2月には特にどこかへ行く予定もないので、寿司会をたくさんやれたらと思います。


でも、よくよく考えてみると、自分が寿司で成長するのってどんな時かというと、握ってる時じゃない気がしてます。


多くは旅をする時です。


その時に得られたインスピレーションとか、またはそこで食べた食材から印象に残ったものを使ったり、あとは馬鹿にできないのがイメトレ。


旅をする時にはダラダラyoutubeを見てることとかもなくて、移動中なんかは暇な時間があります。


その時に、ゴルフの練習をするように、頭の中で握り方を繰り返します。時にはエアー寿司を握ります。

そんなことを繰り返していると、次に実際に握る時、すごくうまくなってたりします。


大学の時、心理学の授業で、脳の研究をしている教授の話を聞きましたが、ある動作を見ると、その動作をするために必要な脳のある部分が刺激されるそうです。
つまり、実際にやるのもそうですが、見るということやイメージすることでもトレーニングができるということです。


これはすごく印象的な内容で今だにすごく覚えています。


こうなってくると、案外僕の言っていることも正しいのかもしれません。

 

最終的な寿司屋の形の1つに各月営業というものを考えていたりします。

偶数月は営業して、奇数月は旅をするなり研究の時間。

年間の売り上げで予算を考えて、月々振り分けていく。そして、名古屋とバンコクの2拠点で生活する。

こんなことができたらなあと思っています。
もちろん時間がかかるのは分かっていますが、いつか形にしたいと思っています。


目標を見失わなければ、小さいことは気にならなくなるし、辛いことがあっても乗り越えられると思います。自分を信じることもできると思いますし、迷った時に良い判断もできるはずです。

逆に言えば目標のない状態というのはとてもつらいです。
流されてしまうし、後悔することも増えるはずです。

ああしとけば良かった、とか、しなければ良かったとか。


あらゆる行動に意味をもたせて行動することができるようになってきました。


なんとなくではなく、こういう理由でこうする。


例えば、昨日のことですが、バイトの大掃除の後1時間あったので、走って家に帰って着替えました。
スウェットで飲み会に行っても問題はなかったんですが、社長が来るということも聞いて、初対面での印象はとても大事ですから、ビシッとシャツを着ました。


今までならなんとなく飲み会だし着替えていこう、そんな程度だったかと思います。

でも、目標があれば何をするべきかすぐに考えて行動することができるようになってきた気もします。

これは小さな一例ですし、周りから見れば何も変わってないんですが、自分の中では大きな変化です。

これからも、1つ1つの行動、出会い、機会、判断など大切にしていきたいと思います。


それでは!