けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

2017年夏までに名古屋での寿司屋開店を目指す、26歳が日々思うことを書いています!Twitter: kenchansushi

麻雀ボロ負け。。でも楽しい!

こんばんは!

今日は麻雀をしてました。
そして、ボロ負け、、、、

悲しくなるぐらいの負け方でした、、、

f:id:kenchan1023:20170104230548j:image

配牌が面子なしばかり。今の僕にはまだしんどいです。


ラスラス3着ラスみたいな感じ。

ついてないと言いつつも、麻雀って、本当に実力差が出るので、つらいです。

そんなにうまくない上にツキもなくひどい1日でした。


もう嫌になりますが、とにかくまた次に親戚の家に行くときはしっかりリベンジできると良いなあと思います。


それにしても、麻雀はやっぱり面白いです。

プロの人たちの試合を見るのも楽しいですし、実際にプレイするのも楽しいです。


もともと麻雀という遊びがプロとして今では立派な仕事として成り立っています。


これは結構時代の先駆けかもしれません。女流雀士なる、アイドルも結構いて、人気があります。


なかなか面白いなあと思います。

一度廃れて、ゲームで復活してから、今ではまたリアルな場所が人気を出し始めています。


このような流れがきているのは事実だし、今後更に強くなっていくと思います。


この年末年始たくさんの人に会いましたが、休みがもう終わっちゃう〜と言ってる人が結構いました。嘆きに近い感じ。

こういう人も今後いなくなっていくのかもしれません。

嫌な仕事はどんどん自動化され、効率化され、遊びに使う時間が増えてきます。

そうなった時に麻雀のやり方、つまり遊び方を知っている人たちがその場所を提供したり、指導することで、これが仕事になっていくわけです。


年末年始に親戚が日本人は働きすぎだということをウルグアイのムヒカ大統領が言っていたなんて話を聞きましたが、僕からすると、仕事が好きな人はガツガツやれば良いと思います。


それだけ、今後は面白い仕事って増えると思いますし、ロボットにはできないクリエイティブな仕事、例えば麻雀もだし、アートなんかもそうだと思いますが、そう言ったものは増えると思います。


寝食を忘れてゲームをした感覚で、仕事をする人が今後どんどん増えていくような気がします。

 

僕はいろんなことを効率化していくことや自動化していくことはとても好きですし、だからと言って、人と人との付き合いも嫌いなわけではなく、むしろ好きです。

 

だから、こういう働き方をしている人たちがうらやましいし、自分もそうなるつもりでいます。

 

 

明日仕事か、嫌だな、、、

 

 

こんなことを言う気も全く起きなくて、よっし明日から仕事だ!

 

そんなポジティブな気持ちになれるよう、思いっきり遊んで、好きなことをして、寿司もしていきたいです。

 

逆に、御客さんを見て、お金に見えるようでは絶対にダメです。そんなお店続かないですし、何よりつまらないです。

 

 

そんなのでいては、心の健康は崩れていくでしょう。

 

色々と大変で、全てが変わったりなくなることはないでしょうが、現に遊びながら楽しんで生きてる人が出てきてる以上、僕もそんなステージに行けるよう、寿司もしっかり楽しんで遊んでやりたいです(^○^)

 

 

それでは!