けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

2017年夏までに名古屋での寿司屋開店を目指す、26歳が日々思うことを書いています!Twitter: kenchansushi

多くの人が日本酒について勘違い?していること。

こんばんは!

 

最近バイトがかなり面白いです。お酒の知識がついてきて、こういう料理にはこういうお酒がってのを勧められるようになってきました。

 

すると反応もかなり良くて、お兄さんのオススメの最高に料理に合います!だとか、感謝されることが増えました。

 

数名ですが顔を覚えてもらえたようなお客さんもいます。

 

今まで接客業ってのはあまり体験がなかった上に、サービスを受けるばかりでする側になったことがなかったので本当にいろんな経験ができています。

 

 

今まで何気なく受けていたサービスがすごく経験によるものだと気づいてきました。

 

 

自分がお店をする前にこのような経験ができていることがとても、ありがたく思えます。

明日もバイトですが、どんなお客さんが来るのか楽しみです。

 

 

ここから、日本酒に関して少し書くと、日本酒バーなどで出されるお酒というのは、いくつかの銘柄が並んでいることが多いです。

 

例えば来福であるとか八海山であるとか。

 

今日のお客さんでも獺祭がこの前美味しかったんですが、と言われます。

 

しかし、一つの蔵には10を超える種類のお酒があって、それはお米も違えば、磨き具合も違います。製法も違いますから、銘柄でこれが旨いと言われてもなかなか難しかったりします。

 

 

大吟醸が良いとか、純米が良いとか。そういうような言い方をしないとわからないことが多いです。

 

今僕の働いているところは酒蔵の直営なので、酒造で言えば一つのブランドのみを扱います。ただ、その蔵の銘柄が20程あります。

 

こうなると、あらゆる種類のお酒が揃います。お米の種類もいくつもありますし、作り方の違いも感じることができます。生なのか火入れをしたものなのか。それともしぼりたてや、ひやおろしといった季節のものだったり。

 

 

こういうものを飲み比べていく中で、どういうお酒がどんな料理に合うのか分かるようになってきます。

 

 

これは日本酒を飲む人の中で勘違いされている方が非常に多いんだと思います。

 

個人レベルでこれをするにはどうすれば良いかというと、同じ価格帯の様々なお酒を買うことだそうです。

 

値段が同じであればだいたいスペックは同じです。その中でお米であったり、精米歩合であったり、あとは種類を頭に入れて飲めば良いわけです。そうすると味の違いが本当にわかるようになるかと思います。

 

 

僕もそうして勉強しています。

 

 

これからもいろいろ試行錯誤しながら、寿司と酒のマリアージュ。しっかり完成させていきたいと思っております!

 

 

それでは(^○^)

 

f:id:kenchan1023:20161228013237j:image

 

最近お気に入りのお酒。西尾のdreamです。