けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

2017年夏までに名古屋での寿司屋開店を目指す、26歳が日々思うことを書いています!Twitter: kenchansushi

good bars! the speak easy, Vesper

こんばんは!


昨夜はボンチョンというアメリカ発のコリアンチキンをなぜか無性に食べたくなり食べました。タイ料理じゃなかったです。。笑

そして、その後にバーに2軒行きました。

1軒目はhotel museのルーフトップ。the speakeasyというバーなんですが、とても評価が高く景色も良いということなので訪問。

f:id:kenchan1023:20161217002146j:image

1人で来たと言ったら、店員がちょっとビックリしてました。。。

でも、景色がとてもよく、さらにジントニック好きとしては嬉しいジントニックの種類の豊富さ。自分が普通のジンしか飲んで来なかったのですが、いろんなジンがありました。

f:id:kenchan1023:20161217002112j:image

4種類飲みましたが、それぞれ全然香りも違えば、味も違いました。花のフレーバーがするノルデスアトランティックや、きゅうりと合わせるととても合うヘンドリックスなどなど。

f:id:kenchan1023:20161217002206j:image
キューカンバージントニックはもともと好きだったこともあり、ヘンドリックスは特に気に入って、寿司屋でも出せるんじゃないか?と思いました。

なんとなくですが、寿司屋で最後にきゅうりの河童巻きが出ると、なんとなく数を増やした的なところがありますし、高級店ではでないところも多かったです。でも、個人的には河童巻きはサッパリするし美味しいと思います。

でも、きゅうりでサッパリするのは別に河童巻きである必要はなく、ヘンドリックスのジントニック穴子の寿司をマリアージュするのもアリかもしれないと思いました。

穴子の寿司は僕は白煮でやるので、薄口醤油を使います。その分味付けが濃くなります。

ということは、よりこのヘンドリックスによるキューカンバージントニックが合うのでは?と思いました。これは必ず試してみたいと思います。


穴子ときゅうりを巻いた穴キューが美味しいので、かなりの確率でいけるかなと思います。

f:id:kenchan1023:20161217002242j:image
次にワサビマティーニというメニューがあったので注文してみました。緑茶、ジン、ワサビで作ったカクテルで、付け合せに炙ったサーモン。久しぶりにサーモンを食べましたが、やっぱり独特の匂いがあります。それをこの緑茶とワサビのマティーニがうまく調和して消してくれました。

なかなか良い発見でした。

これも、なんらかの形で使えるかもしれませんが、サーモン自体があまり好きではないので、どうしようかなあというところです。

サーモンの寿司ってどう食べたら美味しいかなあ。。。
何か美味しい食べ方がないか探ろうかなと思います。
色が綺麗なだけに使えるものなら使いたいですねえ。


夜ご飯にいただいたバーガーもアメリカ的なバーガーで美味しかったです。

ドリンクはサービスしてもらっちゃったりしたようで、4000円ほどでかなり楽しませていただいてしまいました。


そして、ゆっくり酔いをさましながら歩いて帰る途中に、そう言えば、すごいバーがあると聞いたな、と思いSilomのVesperへ。

中を見るとバーが空いていたので飛び込みで入りました。


ここは、メニューがとてもユニークで、1800年代から1900年代のアート作品からインスピレーションを受けてカクテルを作っています。

すべてレシピは公開されていて、パンフレットも普通にくれちゃいます。

f:id:kenchan1023:20161217002257j:image
聞くと、アジアのBest bar top50に選ばれているとのこと。

すごくプロフェッショナルで、接客から手際の良さもすごかったです。英語も上手で、何を聞いても答えてくれました。

タイではこういう、高級なお店ではみんな英語が話せないとダメなようです。お客さんが旅行者が多いこともあるようですが、かなりの競争だなあとか思いました。英語話せる若い人がとても多いです。

そして、サービスもすごく良いです。笑顔も絶やさず、質問にはしっかり答えてくれます。

ちなみに、オーダーしたのはこの2つ。

1つはゴーヤーが使われていて少し苦味があるカクテル。うまかったです。出し方もとても綺麗でサッパリした味でした。

f:id:kenchan1023:20161217002308j:image
そして二杯目は少しパンチのある感じ。アルコール度はかなり高いと思いますが、アルコールを飛ばしたビールと砂糖、昆布で作ったシロップの甘みで後味は優しい感じ。


デザートまで食べてしまい3000円ほどでした。雰囲気のことなど考えると決して高くなく、大満足でした。

タイはやはり物価が安いこともあるかと思いますが、日本で飲食店に行くときの3分の1ぐらいでかなりのハイクオリティなサービスを受けられます。

日本でなかなかこういうお店で勉強のために行くのは難しかったりしますが、タイだと最高級のサービスを日本では信じられないぐらいの価格で受けることができます。


ドリンクの勉強にもなるだけでなく、サービスや雰囲気もとても勉強になりました。

また良いお店を見つけることができました(^○^)

これからGAGGAN、訪問。楽しみです!