けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記

仲間がいるから、不安はない!

こんばんは!


昨晩は高校の時のサッカー部の仲間たちと寿司会をしました。

f:id:kenchan1023:20161125233019j:image

それぞれ道は違いますが、とにかく仲が良い部活のメンバー。

未だに、毎年新年の初日。
ほぼ全員が参加してサッカーからの飲み会をしてます。本当に迷惑だよ、1月3日ぐらいで良くない?とか言いながら、毎年こうして集まれるのって本当に馬鹿ですし、それって良いですねえ。


僕たちの世代は、史上最弱と言われながら、全国大会に出るまでのチームになりました。個性が強いメンバーなのに、なぜか一体感があって、史上最弱でも、仲の良さなら史上最強と言わんばかりの結束力がありました。


その結果、三年生の夏の大会で全国大会に出場しました。


とにかく、今でもお互いが何かあるたびに素直に喜び合える仲です。


今回は寿司を一度食べてみたいと言ってくれたので、愛知県組に声をかけて3人に来てもらうことができました。


いろいろやりましたが、サバと穴子が大人気。

正直、こんなに本格的だと思わなかったと言われました。

f:id:kenchan1023:20161125233059j:image

f:id:kenchan1023:20161125233114j:image
僕としては、本当に最も大切にしたい人たちですから、とにかく一生懸命仕込みから準備しました。

できる限り今できることを精一杯やったつもりです。

 

また、食べたい。来月もお願いできる?

 

こんなことを言ってもらい、最高の気分でした。


まだ、お店をやってるわけではありませんが、こういう言葉が本当に嬉しいです。


再来年の年明けは寿司屋でかな?


そんなことも言ってもらいとても幸せな気分でした。


そして、何より感じたのは心強さ。


何か商売を始めると言うと、決まって聞かれるのが、不安じゃない?という言葉。


正直、不安もあります。


でも、前と比べるとそこまで不安はありません。寿司旅を通じていろんな人に出会っていろいろなことを聞いて、そうやっていく中で応援してくれる人がたくさんいるということを実感しています。


なんとかなる。


こんな軽い言葉を使ってはいけないのかもしれませんが、昨日そんなことを強く思いました。

 

記念日は絶対に使うよ。とか、会社の接待もお願いするよ?とか。

 

集客については任せてって言ってくれました。


その言葉を最も信頼できる人たちからもらえたのがすごく心強い。


こんなに良いことはないです。

本気で準備して良かったと思えた1日でした。

 

馴れ合いになってはいけませんが、やはり飲食店を始める上で大事なのは口コミであり、それを伝えていく人脈だと思います。

 

 

それを、サッカー部の28人から掛け算で何人にも伝わっていくことを想像すると、かなり心強いです。

 

 

それぞれ住んでる場所とか色々なので、みんながみんな協力できるとは思いませんが、でもかなりの心強さを感じた寿司会でした。

 

 

そして、何よりもモチベーションが上がったという言葉も嬉しかったです。昔、一緒に切磋琢磨した仲間がこうして寿司を本気でしてるのを見ることができて嬉しかったと言ってもらえました。

 

 

また、何かしらの形で協力したいと言ってくれました。花屋で働いて、花を提供したいとか、具体的な話まで。

 

 

半分冗談かもしれませんが、3人がみんなそうやって言ってくれて、とにかくすごく心が満たされた1日でした。

 

信頼できる人を足し算で1人ずつ増やしていく。目の前の人にとにかく真摯に向き合う。この連続でしかないと思っています。

 

 

毎日毎日、一回一回の出会いを大切に全力でやりたいです!

そんな決意もする楽しい夜でした(^○^)

 

 

それでは!!