けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

2017年夏までに名古屋での寿司屋開店を目指す、26歳が日々思うことを書いています!Twitter: kenchansushi

寿司屋をやるために、タイカレー屋を!

こんばんは!


最近は寿司の話もあまり書いていないような気もしますが、お昼ご飯でお寿司は握っています。

今日もタイの握りを食べてました(^○^)

ただ、ちょっと停滞気味。

自分の中でなんとなくモヤモヤがとまりません。。。

握りの技術を上げなくてはならないのはもちろんなんですが、とにかく情報や知識の方が大事で、でもなかなか最近は良いアイディアがありません。

 

寿司旅をしていた時はあらゆるところから影響を受けて、いろんなものを取り入れていました。


でも、まあこのあたりは常にアンテナを張っておくしかないかなと思ってます。


それよりも、何よりもモヤモヤするのは、こよままで大丈夫か?ということです。

 

この状態で、寿司屋をオープンするまでのことを考えると途方に暮れてしまいます。


確かに日本酒の知識は少しずつ増えていますし、寿司も練習を続けるしかないのでそれをしますが、何よりも日々の刺激がありません。


バイトだって1日1日真剣に取り組んでいるつもりですが、何か物足りない。


これプラス何かが絶対にできるはずです。


そこで、今考えてるのがタイカレー。


この前作りましたが、かなりうまい。

まだまだ改善の余地はありますが、1つうまいってのは分かりました。

f:id:kenchan1023:20161120235400j:image

これを何とかして繋げていきたいです。

寿司屋をやる基礎を作る事業として立ち上げても良いかもしれない。そんなことを思ってます。

つまり、寿司屋を始めるために、さらに低コストで始められる商売をしようと思ってます。


それが、タイカレーの移動販売。

うまいこと朝に動いていないキッチンを借りることができれば、ほとんどの経費をかけずにスタートできるはずです。

 

車もありますし、とにかく美味しさと交渉力次第だと思ってます。

 

行動力がら問われる気がします。


でも本当にこれができればかなり毎日が忙しくなりますが、何より楽しくなる気がします。考えるだけでワクワクしてきます。


まずはカレー粉を幾つか試してみないといけまけんが、タイカレーの本もあるので、見ながらとりあえず美味しいタイカレーを作れるようにしたいと思ってます。

 

こうなると、昼はカレー屋。
夕方、夜は寿司の練習もしくは酒の勉強。


こんなに充実の日々はないかなとか思います。


超絶忙しくなるかもしれません。


でも、それぐらいの方がやっていて良いかもしれないと思います。


Keep busy なんて言葉をオーストラリアの友達から何度も言われましたが、その意味が段々分かってきた気がします。


張り合いのない日々は退屈です。


仕事はお金稼ぎのためにするものではないと信じてます。誰かを喜ばせたり、誰かと何かを一緒にして達成感を味わうのが仕事の1番の目的なはずです。


それに向かって、努力したいと思います!


モヤモヤしてましたが、書いてたら元気になってきました(^○^)


ブログを書くってこんな良い効果もあるんですね!

それでは(^○^)