けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

2017年夏までに名古屋での寿司屋開店を目指す、26歳が日々思うことを書いています!Twitter: kenchansushi

僕が美容師になるならーQBハウス

こんばんは(^○^)

 

バイト終わりでだいぶ遅くなってしまいました。。

 

今日はなかなかタフな1日で朝から買い物に行って、家族に昼ご飯のタコのパスタを作りました。

トマトソースから作って大変でしたがなかなかうまくできました!

 

f:id:kenchan1023:20161118015027j:image

 

それから、名古屋に戻って髪を切って8時間ほどバイトして今です。

 

そして髪を切ったのがQBハウス

 

10分カットという全くの新しい形態の美容室です。

髪を洗うのもないですし、セットもしてくれませんが、1080円。

 

かなり安いです。

 

僕はよく名古屋の栄駅の中にあるところで、飲み会に行くついでや、バイトに行く途中に切ってしまうんですが、これが別に腕が悪いということもありません。

 

年齢層はおじさまからおじいさんぐらい。

 

僕のようにわかい年齢の人は見たことがありません。でも、安く済むし、早く済むしとても良いと思います。

 

 

今までは普通に便利なものとして利用してたんですが、これってめっちゃすごいことだと思いました。

 

タイトルにある通り、自分が美容師になりたいとしたら。と、考えてみました。

 

ホームページを見てみると、普通2年ぐらいかかる美容師のトレーニング。

なんと、ここならプロの講師が6ヶ月で教えてくれるそうです。

 

そして、お店に入ってから。

 

1時間で少なく見積もっても4人の髪を切ります。

 

そして、それが8時間ほどだとすると、1日で髪を切るのは30人以上。

 

これってすごい数です。

 

美容院で働くとなると、夜までシャンプーのみばかりして、その後に居残りでウィッグを使って練習。

 

こんな感じが多いと思います。

 

でもこのQBハウスならドンドン切っていくことができます。

 

またあまり髪の毛に神経を使ってない人が来たりもしますから、逆に提案とかもしやすいかもしれません。

 

 

ここで、半年仕事をしたとしたら、30×25日×6ヶ月で、なんと4500人の髪の毛を切ることができます。

 

こうなったらかなりの経験者。

 

ここからは、独立して自分のやりたいようにコンセプトをつけてお店をしていくと良いと思います。

 

例えばメンズに特化するとか。

 

1人だけの空間で切るとか。

 

他にもいくらでもやりたいことができるような気がします。

 

何より切る技術は折り紙付き。

 

なので、美容師になろうと思ったとき、ここから独立していくってのがすごく良いなあとか思いました。

 

もちろん、自分がどういうお店を作りたいかにもよりますが、切る技術は最低限必要なはずです。

それを一年でつけられると思うとこんなに美味しい話はないように思います。

 

QBハウスのような業態が増えれば増えるほど、逆に美容院はかなりきついです。

 

例えばカットで5000円取ろうと思ったらかなりの付加価値をつけなければなりません。

 

それができる人たちだけが生き残れるという厳しい世界です。

 

これからもどんどんこういう便利な業態は増えると思いますし、これって、回転寿司が流行ったのと似てるのかもしれません。

 

 

そういう意味でも自分がやる寿司屋はかなりの付加価値をつけなければなりません。

 

プレッシャーを感じるQBハウスでの10分でした。

 

それでは(^○^)