けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

2017年夏までに名古屋での寿司屋開店を目指す、26歳が日々思うことを書いています!Twitter: kenchansushi

接客は難しいけど、面白い!

こんばんは!

昨晩のバイトでは接客のこと色々教えてもらいました。

あと上司とのコミュニケーションとかもなかなか難しいなあと思いつつ、おもろいなあとかも思いました。

マネージャー業ってのは本当に難しそうですが、やっぱり面白そうってのも思いました。

人と人との関係ですから、当然色んなキャラの人がいて、バイトとなれば本当に色んなモチベーションの人がいるからです。

僕は当然接客のことやお酒のことを勉強したくて働いているので、いつも本気で終わったあと疲れ果ててしまいますし、指導してもらったりするのは、嬉しいです。

ただ、バイトで、そんなにモチベーションがなければ、うるさいなあと思う人もいるでしょうし、てきとうで良いやあ、とかなる人もいるでしょうし。

そのあたりの雰囲気作りとかって本当に難しいと思いました。

なあなあになってることも本当に多いでしょうし。

ただ、これが裏方の仕事とかであれば、やる気のない何割かの人は放置プレイで良いと思うんですが、サービス業となると、お客さんに対して接客する人がそのお店の評価を決めることになってしまいます。

なので、飲食業は特に、接客をバイトでしたりするわけで、そうなるとかなり神経質になってしまうなあとかも思います。

もちろん、業態とか、客単価で人の集め方ってのは変わっていくのかもしれませんが。


そういう意味で、難しいだけに面白そうだなあとか昨晩思いました。


そして、接客次第で本当にお客さんの印象が変わるのが目に見えてわかるようです。

店長は今日はこことここのお客さんの反応はイマイチで、あっちは良かったね。そんなこと言ってました。

本当に細やかな気遣い、気配りで印象はがらりと変わるそうです。


何かを説明することもそうですし、トイレへの誘導とか。上着を預かることとかもそうですし、机や椅子の清潔さもそうですし。

あらゆるところで、詰めていこうと思えば詰められます。当然と思うようなことを当然にすれば良い、なんて飲食業界で有名な人なんかは言っていましたが、その当たり前のレベルってのが人それぞれ違って。

まだ数回しかバイトで入っていないので、自分でいっぱいいっぱいになっちゃってますが、今日はもう少し向上できるように、余裕を持てるようにまずは一つ一つきちっと出来るようにしたいですねえ。


これまでも、寿司屋を回ったり、他にも様々なレストランで接客のレベルって意識してみてたつもりですが、やる側に回るとかなり意識してなかったことが浮き彫りになります。


例えば右手と左手でどちらの手で皿を出すかによって、可動域が違いますから、お客さんにとってすごく近くまでくるなとか、触れてしまうこともあるかもしれません。

どちらの角度から出すと良いかとかもそうです。こういうことって、自分の知らないうちに、サラッとやってもらってたんだなあとか思います。


視線とかもそうですし。
あとは発声方法とか、当然、言葉遣いもです。すべての要素だと思うんですが、今一度そういうものを意識しながらお店に行きたいと思います。


本当のプロフェッショナルってのがどんな感じなのかなあということです。

それが、僕自身がやりたいお店の形でもあります。なあなあに馴れ合いではなくて、お店ではピシッと決めるところは決める。

そして、何よりお客さんにオーダーメイドで。喜んでもらうってのをベースに。嫌な気持ちにさせないということをベースに。

しっかりやってみようと思います。

 

明日からは少し休みが続きます。

 

f:id:kenchan1023:20161104010408j:image