けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

2017年夏までに名古屋での寿司屋開店を目指す、26歳が日々思うことを書いています!Twitter: kenchansushi

やりたいことをやれば、絶対に繋がる!

こんばんは!

今日は楽しいことがありました(^○^)

母親のママ友で、この前フラダンスも一緒に参加されていた方の息子さんが、韓国留学について相談したいということで、2時間ほどですが、いろいろ話をしていました(^○^)

 

何で留学したんですか?って言うような質問からいろんなことを話をしながら、段々話は逸れたりもしながら楽しく話をしました。

何で韓国?とか、台湾の大学院は?とか、タイにいたこととか、いろんな話をしていて、そうしてみると、様々なことが繋がっているなあとか思いました。

どれが欠けても、寿司には辿り着いていないのかもしれない、なんて思ってます。
それぐらい、1つ1つの出来事が導いていたのかなと思うと面白いなあとか思ったりもしてます。


常に全力で楽しむこと、自分に嘘をつかないことを忘れなければ、きっとこうして様々なものから導かれていくんかなって話をしながら不思議な気持ちにもなってました(^○^)


例えば、韓国での留学は最初から出会いの連続でした。特にルーツを韓国に持つ在日の友達との出会いによって、様々なことを考えるようになりました。
それがあって、留学後は在日朝鮮人文学に興味を持ち、偶然、それを専攻されている先生に出会い、大学の勉強はすごく楽しかったです。

そのまま、親日反日研究を掲げて、台湾の大学院へ行きました。そこで、親日国で生活する中で、日本ってすごい!とか思ったりもしました。

また、大学院へ入る前に人材会社で半年働いたことにより、仕事についてもすごく深く考えるようになりました。また仕事って楽しい!とかも思いました。

そこで、今は勉強よりも働いてみたいという気持ちが強くなり、大学院は辞めて帰国。

その後、寿司学校に行き、その流れでタイではアジアナンバーワンのシェフとお話をし、そこで感化され寿司旅と。


紆余曲折あって、無茶苦茶かもしれませんが、自分の中では全てが繋がっていて、韓国に留学していなければ、きっと全く違う人生を送っていたんだなあと思うわけです。。


だから人生って面白いなあってつくづく思いました。きっと今日の出会いもすごく後々のものに繋がると思います。

彼にとっても今日お話ししたことによって韓国に行きたくなったと言ってもらえました(^○^)

もしかすると、僕のように彼の人生もまた、思わぬ方向へ行くことになるのかもしれません。

僕は在日朝鮮人文学について勉強したことが、寿司をすることにも繋がっていたと思っています。

自分が日本人ということをすごく思うようになったからです。それまでは、周りもみんな日本で生まれ育っていて、日本語を話し、日本の国籍で、それが普通だったんですが、それが当たり前じゃないんだ!って衝撃を受けました。

普通に考えればわかることなんですが。

それから、日本のことについていろいろ考えるようにもなりました。

そんな経験が、日本の食文化で自分が何かをしたいと思うきっかけにも繋がっている気がします。

これから、起こることは予想できません。

でも、きっと振り返った時に、きっとこうなるように導かれてたんだなって腑に落ちることが予想できます。

そのためには、最初に書いた通り、自分に嘘をつかずに常に全力で楽しむこと。だらだらするにしても、それを選択すること。

決して惰性で生きなければ、自分のその瞬間の意思に従えばきっとそうなると思います。

そんなことを感じた2時間でした〜(^○^)


夜は協力隊で2年間アフリカに行っていて最近帰ってきた高校の友達に会うので楽しみです!

それでは!
写真はもらったお土産(^○^)f:id:kenchan1023:20161026221630j:image