読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

2017年夏までに名古屋での寿司屋開店を目指す、26歳が日々思うことを書いています!Twitter: kenchansushi

ベストを尽くして寿司を作りたい!立ち食い寿司屋にて決意。

こんばんは!

 

今日は自分でお昼に寿司食べてました。
写真忘れたのが痛い!

 

しめ鯖を握ってたんですが、かなり綺麗に握るコツみたいなものを掴んだ気がしました。


ゆっくりで良いので、綺麗に美味しく握れるように、それはもはや包む感じでするのが良いなあということで、自分で握り寿司ではなく、包み寿司なんて呼ぼうかなあと思ってます笑

 

それから、しめ鯖もかなりうまく締めれるようになってきた気がします。

本当に表面ぐらいな感じで、締めてあって、中は柔らかいままにできました。

 

にんにくのちょい乗せはもう定番にしていこうかなって思います。
締めるときに、昆布締めみたいに、する人もいるみたいなので、それはまた今度してみようかなって思ってます。

 

シャリも今日は赤酢を使いましたが、米酢とは違って、ツンと来ないまろやかなものになります。マグロなんかとは相性が抜群かなって。

 

前置き長くなりましたが、今日は、昨晩の入ったお店で印象的だったお店について。

 

立ち食い寿司屋なんですが、とにかく満員。人が途切れることがありません。

立って食べるんで、1時間とかすると大体みんな移動するわけなんですが。

雰囲気が良くて、知らない人と会話しながらって感じ。錦織圭に似ている人とかもいました。

 

とにかく大繁盛のお店。


そこで、何を思ったかというと、そこは雰囲気も良くて大繁盛なんですが、お寿司がすごく普通なわけです。わさびも本わさびは使ってないので鼻にツンと来ますし、ネタも普通です。シャリは少し固めに炊いてあって普通に美味しいは美味しいんですが、その自分が作るものに対して、クオリティを上げるってことをしたいって、悶々としないのかなあって疑問に思うわけです。

 

これは本当に人のタイプなのでしょうか。

 

そのお店はお酒も定番のものだし、本当に特にこれってものがあるわけではないんですが、カウンターの2人のキャラと、あとは安く楽しめるっていう業態やお店の雰囲気の作り方がたしかにすごく考えられていて、ビジネスとしてはすごくうまくいっている。そこのクオリティを上げるのが楽しいって人も当然いるんだと思います。

 

ただ作っているもののクオリティを上げていきたいってのはならないのかなあって疑問があります。

 

もしかしたら、単価に対して、費用対効果を高めるのが楽しいのかもしれません。安くをモットーにしてるのかもしれません。
だから、こういうお店に行くたびにすごく不思議な気分にもなるわけです。

 

ただクオリティを上げようとすると必然的に値段は上がります。人件費、材料費がプラスされていくからです。

 

そうすると儲からないっていう可能性ももちろんあるわけで、そうなると元も子もありません。

そのお店はオープンして3年ぐらいみたいなんですが、あのクオリティの寿司を3年間作っているとしたら、それはつまらなくないのかな?って思っちゃいます。

繁盛してるからそれでもちろん良いんですが。

 

こだわるところがもっとありそうですが、どうなんだろうなあとかふと思ってました。

そんなことを考えるといつもこの記事を思い出します。

f:id:kenchan1023:20161025183714p:image

f:id:kenchan1023:20161025183722p:image

 

自分のできる範囲で良いので、とにかくマックスのものを提供できるってのを前提に業態とかそういうものを考えたいわけです。

 

昨晩のお店がどうなのかは正直わからないんですが、どうももっともっとすごいものを作れるんじゃないかなあとか思っちゃうわけです。

 

やっぱり稼いだりして向上心がなくなるのかなあとかまで考えちゃいます。

 

僕はとりあえずどうなっても良いんで、自分の能力を最大限に発揮できる場を作って、それで潰れるなら潰れても、そこの信念は絶対に曲げないようにしたいと、決意の晩でした。

 

それでは!