読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

2017年夏までに名古屋での寿司屋開店を目指す、26歳が日々思うことを書いています!Twitter: kenchansushi

次に目指すはサンセバスチャン!

こんばんは!

 

今日は前に美味しいお店でも紹介した磯村さんに行きました。

 

そして、磯村さんに出汁の取り方を教えてもらいました。それから、お寿司もやるとのことでしたので一通り握ってもらいました。数枚写真も載せます!

 ハモの握り

f:id:kenchan1023:20160928234032j:image

 上にはもみじおろし、ミョウガの甘酢漬けネギでポン酢をかけてありました。すごく美味しかったです。ふんわりのハモにポン酢が合います。

 

オクラ

f:id:kenchan1023:20160928234047j:image

これも驚き。うすーく切ってあってかるーく塩水につけておいたとのことでした。こういつのはなかなか食べたことがなかったですし、美味しかったです。

 

鮎の手まり寿司 

f:id:kenchan1023:20160928234110j:image

これも大葉とすごく合っていて、美味しかったです。

 

 

最近は一通りお寿司屋さんも回ったこともあって、違う料理も見なければなあと思い始めています。先日のCAYNOYAさんで受けた衝撃もそうですし、こういった懐石料理のお店の方が作るお寿司というのもすっごく勉強になります。

 

普通のお寿司屋さんがやらないことをしています。素材の活かし方とか味付けの豊富さはやはり懐石料理ならではだなあと思いました。そして、包丁使いなんかも、やっぱりすごく綺麗でした。

懐石料理は、すっごく手が込んでいますし、仕込みに時間が果てしなくかかりますから、お寿司もネタがすごく面白くて色々な出し方をしてもらいました。

 

出汁のことも細かく教えてもらって本当に良い人です。豊田でお寿司やるときはカウンターも貸しますと言っていただきました。どんだけ優しい方なんだと感動しました。

 

技術なども隠さず、与えるものは与え、知識も伝え、本当に人柄に魅了されました。こういう人ってかっこいいなあと思います。また行きたくなるお店です!

 

そして、タイトルにある部分。

こうやって違う分野の料理や同じ和食でも違うタイプのものを、食べていたら、やっぱり世界の料理を食べなければと思うようになりました。

その中でもスペイン。

少し寿司に通じるところもあって、タパスとかピンチョスというのは一口サイズで、野菜や魚も使ったりします。

すっごくヒントが詰まっている気がしてます。

そして、色で有名なのは、スペインのサンセバスチャンという地方。

 

ここに行くと、世界のトップレストランがいくつもあります。人口たったの18万人の都市が世界トップの美食の街となっています。

ここに行くことで学ぶことは計り知れません。

 

寿司屋を始める前に絶対に行っておかなければならない場所であると感じてます。

 

そのためにはある程度まとまったお金が必要ですし、これからしっかり準備をして予約もしてから年明け2月とかぐらいに行けたらなあと思っています。

 

やることが本当にたくさんありすぎますが、keep busyの精神でがんばってやっていきたいです!

 

 

それでは(^○^)