読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

2017年夏までに名古屋での寿司屋開店を目指す、26歳が日々思うことを書いています!Twitter: kenchansushi

呑み切り会in 長良川蔵元、小町酒造

こんばんは!

 

今日は、小町酒造さんで、呑みきりというイベントに行って参りました!

f:id:kenchan1023:20160918224535j:image

 

このイベントは、精米歩合や日本酒度などのラベルを隠した、五つのお酒を参加者20名程で飲み比べて、利き酒をしながら、多数決で人気投票。一番人気のあるお酒を各務油屋さんで販売するというイベントで、そのラベルには今日参加した人たちの名前も載るそうです。僕の名前も載るということなので、買い占めたいと思います!もう既に楽しみ(^○^)

 

この利き酒のようなイベントには初めて参加するので、どうやってテイスティングするのか、またどうやって味を判断するかすごく難しかったですが、大まかに外してなかったので自信にもなりました。

知識としてない部分はこれからカバーするとして、飲んだお酒をどの刺身や寿司と合うのかというのを想像しながら飲んでみました。そうすると、だいたいイメージしていたのと、当たっておりました。

赤身にとても合うなとか、白身に合うなとか。そういうことを考えながら飲むのはまた面白かったです!

 

それから、レクチャーの時間もあって、五つのお酒を種明かししてくれました。

f:id:kenchan1023:20160918224605j:image

火入れのしない生原酒は、これから1ヶ月とか置くと熟成を経てかなり味や風味が変わるとのこと。
逆に火入れをしたものは、あまり変化はなくしばらく持つとのこと。こんなことも意識して飲むとまた面白い。
それから、酒米の種類は当然ながら味が全然違ってきます。

酵母の種類でも違いますし、日本酒度だけを見るだけでは舌に乗った時の感覚は違って、酸度やアミノ酸度も関係してくるとのこと。

本当に奥が深くて面白いなあと思いました。またこれから日本酒を飲むときは、しっかり意識をしながら糖度と酸度のx,y軸のどこに属するかを意識したいと思います!

f:id:kenchan1023:20160918224707j:image

それにしても各務油屋さんのオーナーは確実に全て当てていて、しかも酒米や火入れの有る無しも的確に当てていました。

さすが!の一言です。

 

油屋さんは酒屋さんですが、本当にお酒に対するこだわりが強く、お酒を買うときは、「どんな場面で、何歳ぐらいの人が飲むの?」とか、「室温はどれぐらいに設定してる?」とか事細かに聞いてセレクトしてくれます。酒のDJのような存在で、相当な数を飲んで判断して知識として蓄積してるんだなあと思うと感心の域を超えて、感動です。

普段気さくなんですが、決めるときは決めてくる。目の色も変わります。普段はとても穏やかですよ!

こんな素敵な方なかなか、いないなあなんて思いました。

10月1日には岐阜でお酒のイベントがあったりもするので、また行こうかなあと思います!

 

f:id:kenchan1023:20160918224859j:image 

 

 

夜はいとこの誕生日で焼肉。

久しぶりに肉を食べたら既に胃もたれ気味。やっぱり魚が好きです(^○^)

 

明日は引越し先の不動産手続きなど名古屋に行きます。

拠点が移ったらお店のことももっともっと考えなきゃなりませんし、魚の勉強もしなければなりません。他にもお酒も。やること盛りだくさんです!