けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記

GAGGAN in Bangkok by Netflix

こんばんは!

 

昨晩のことですが、愛知に戻ってこれからしばらくはいるということで、Netflixに登録しました!

 

そして、一番最初に見たのは当然これ!

 

f:id:kenchan1023:20160914173702j:imagef:id:kenchan1023:20160914173707j:image

 

バンコクでインド人のGagganさんのお店のGAGGAN。

2015,2016のアジア最高のレストランに選ばれている彼のprogressive Indianという、まったく新しいインド料理。

 

2回連続で見ましたが、50分でこんなに鳥肌がたち、震えてくる番組を見たのは初めてです。

とんでもない人だっていうのは分かっていましたが、彼のストーリーもまた壮絶でした。

今までに見たどんな映画よりも感動し、どんな映画よりも映画のようで、見ていて美しくて、モチベイティブで、本当に憧れのヒーローです。

彼と会って、話をしたことが、僕の人生をすごく変えたと思います。

f:id:kenchan1023:20160914174447j:image

 

これは本当に見ないとわからないかと思います。Netflixは最初の1ヶ月が無料ですので、ぜひ見てほしいと思います。

 

彼に会って、彼に対してお寿司をやってるということを伝えました。そうすると、子供がはしゃぐように「日本から来たの?日本の食材は本当にすごい。最高の魚、最高の肉!2ヶ月に1回日本には行っているよ!」そんな風に言われました。

「2ヶ月に1回??なんでそんなに??」

聞き返すと彼は、

「インスピレーションのため。」そんなことを言ってました。

 

僕が海外で生活したいと思っている気持ちが一気に寿司を全力でやりたいという気持ちにさせました。

 

料理は本当に人を感動させることができます。

 

僕は今まで何かを食べて、「美味しい!」と思うことはありましたが、「感動!」というのは、なかったです。本当に食べると興奮する。こんな世界があるんだ!そういう風に思わせてもらいました。

 

そして、彼の凄いところはこれで終わらないということ。既成概念を壊し続ける。もうナンは出さない。もうチキンティッカマサラはださない。そう言い切ってます。

 

とんでもない人だったんだなと再認識し、そしていつか近づけるように努力したい。さらなる決心をしました。そこまで上り詰めたいと思いました。

 

彼は2020年から福岡でお店をやります。週末しかない10席のお店だそうです。

 

東京オリンピックよりも、僕にとってはとっても大きいイベントです。

 

それまでに、ある程度、自分の夢に向かっている状態にしたい。お客さんを驚かせるような体験を与えるお店を持ちたいと思います。もう止まってる時間はありません!

 

がんばろう!!