けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

2017年夏までに名古屋での寿司屋開店を目指す、26歳が日々思うことを書いています!Twitter: kenchansushi

美味しいお店2 釜揚げパスタ 中田屋 岐阜

こんばんは!

 

今日はお昼にランチで岐阜の友達と岐阜駅の近くのパスタ屋に行きました。というのも友達が、そこのお店の雰囲気が何とも言えなく良いとのこと。

 

外観はこんな感じ。

f:id:kenchan1023:20160912230324j:image

 

蕎麦屋というか、うどん屋というか。とても「和」の外観です。もともとうどん屋があったとのことで、そこを居抜きでやってるんじゃないかなと思ってます。

 

そして、外観からもう面白いなあと思ったんですが、中に入ると片野さんという、中田英寿に激似の店主が。麺匠カッターノって名刺に書いてあります。遊びすぎ。笑

 

f:id:kenchan1023:20160912230510j:image

 

そして、片野さんだけど、名前は中田屋。確かに相当似てる。。

 

とっても気さくな方で、ちょっと話をしただけで、もうこの人はかなり良い人だなあって思いました。幸福度が10段階で10を軽く超えてる感じ。

友達が食べて、会計するときにごちそうさまと言った時、彼が言った言葉が、「ぺろり完食やね!」。

もうこれで、3ラリーぐらいのキャッチボールできてる感じします。ありがとうとか、美味しかったとか、また来てねとか。そんなんが伝わる一言な気がします。

 

色々な世代の人に愛されていて、僕らが来たあとは3人組のOL風の方々、そして老夫婦。最後に4人のお坊さん。笑いました(^○^)

 

お店が本当にうまく作ってあって、隅々まで行き渡ったセンスが溢れるお店。味が特別良いわけではありませんが、リピートしたくなる雰囲気作り。虎の絵が飾ってあったり、洋風の音楽が流れていたり、色々和洋折衷なんですが、ごちゃごちゃしてなくて。本当に考えられてるお店なんだなあと思いました。

f:id:kenchan1023:20160912231023j:imagef:id:kenchan1023:20160912231134j:image

一周年記念のときは無料で150人分ぐらい振る舞ったようで、そういうところにもファンがしっかりついていて、岡田斗司夫さんの言うところの、小さなカリスマって感じでした。ああいう人になりたいなあ。

 

彼は、元々サッカー日本代表中田英寿選手の「遊びも一生懸命やれば仕事になる。今を一生懸命遊べているか。」という言葉に感化され、イタリアへ。遊んでる中でパスタに興味を持ちお店をやっているそうです。

 

色々なところに遊び心が。名刺も個性的。本当に面白いなあと思いました。

f:id:kenchan1023:20160912231400j:image

 

僕は今回味わった雰囲気とかをすごく大事にしたいです。

何を食べるかってのは最低限しっかりとしたものを届ける。そしてそれに加え、誰でも入りやすい雰囲気。さらに、彼に会いたい、彼の作るものを食べたい。そう思わせるような店作り。

 

本当に良いお店でした。

 

もちろんハードの部分、外観や内装とか。そんなのも大事ですが、わかる人は分かる。 ソフトの部分に価値を感じてくれる人は感じてくれると思います。なので、それをしっかり意識して、自分のできる範囲、規模のお店を作りたいなと思いました。

 

一周年を記念した花もたくさん置いてありました。ああいう人になれたら、そりゃ、幸福度も高いだろうなあと。

 

明日も行きたいと思えるお店になりました!今度は店主の方とも色々お話ししたいです(^○^)

 

そのあとは酒蔵に行ったり酒屋行ったりしてました!

美味しいお酒も好きなお酒もだんだん増えてきました。これから本当に楽しみで仕方ないです!

 

明日は住むところの物件を探しに行きます。名古屋の柳橋市場の近くに(^○^)

新たなスタートが始まりそうです!