読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

2017年夏までに名古屋での寿司屋開店を目指す、26歳が日々思うことを書いています!Twitter: kenchansushi

お酒は素晴らしい!

こんばんは!

 

昨日は京都の伏見に行ってきました!

もともと伏見は「伏水」と書いていたほど、水が豊かにあったのが理由で、酒蔵が一つの地域に20ぐらいあります。

 

f:id:kenchan1023:20160911233506j:image

土曜だったので見学もほとんどできませんでした…それでも酒屋さんで試飲などたくさんしすぎてお昼からベロベロ。

 

11月5日に酒祭りがあるとのことなので、伏見にはまた行きたいと思ってます!見どころが本当にたくさん。

お気に入りのお酒もたくさん見つかって、とっても収穫のある旅になりました。

やっぱり水が良くて、酒米があってっていう場所はとても良いですね。

f:id:kenchan1023:20160911233309j:image

京都の酒屋さんで愛知から来たって言うと、愛知にも良いお酒がありますよねえ、とのことでした。まだまだ知らないお酒が多いので、愛知も開拓していきたいです!

 

それから、ご飯は豆寅というお店で、オリジナルの豆寿司というものを食べました。もともと、舞妓さんが丸めて、手毬寿司というものを作っていたようです。これをお寿司屋さんで出すのも良いなあと思いました。

実際に、広島の双忘さんでも出してました。笹の葉で包んでしっかり香りをつけてました。

 

名古屋に帰ってからはまた、友達と飲みました。なんか色々な話をして、アメリカの西海岸のchill具合の良さについて、聞いてるだけで、なんか嬉しくなって、いつか行きたいなあと思いました。

 

やっぱりそういうのも行ってみて、生活してみないと分からないことだらけで、本当にまだまだ知らない場所や知らない景色があるなあと思うとまた旅がしたくなりました。

 

お酒を飲みながらそんな話を色々して、気づいたら記憶もなくなり、朝を迎えました。

 

途中から何を話ししたかは正直覚えてないんですが、お酒を通じてコミュニケーションをとって、騒いだりして本当に楽しいなあと思います。

ここ何日間か寿司旅後で友達と久しぶりに会って昼からお酒飲んだりして、やっぱり良いですねえ。

 

ゆっくり飲みながら、色んな話をして、気分も良くて楽しくて、お酒って本当に素晴らしいなあって思いました。

 

そして、その土地によって歴史があったり、伝統や文化が根付いていたり、そして何より料理を引き立たせてくれるということで。日本酒は料理と食べながら引き立たせるといいます。ワインは口のリセットで次のものを美味しく食べるためなんて聞いたことがあります。

 

それぞれの役割も異なっていて、そういうのもうまいこと使い分けられたら良いなあと思います。

 

これからもどんどん飲んで、勉強していきたいと思います!

 

f:id:kenchan1023:20160911234517j:image