読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

2017年夏までに名古屋での寿司屋開店を目指す、26歳が日々思うことを書いています!Twitter: kenchansushi

美味しいお店1 磯村 愛知

こんばんは!

 

昨日は寿司屋訪問記ではありませんが、地元の懐石料理のお店に行きました(^○^)

そこで、カウンター席で大将の方と色々お話をしました。とにかく謙虚で腰の低い方で色々なことをお聞きしました。

カウンター席なんですが、湾曲していて、例えば4人が真横一列に座るよりも、お話が出来る感じにしていました。
こういうお店ってお客さんのことを考えているなあってのと、既成概念にとらわれない柔軟性があって良いなあとか思っちゃいます。

 

お店は完全予約制で、お客さんの要望に応えるために、いつも、名古屋駅柳橋市場に1時間半かけて、行くそうです。そこで、付き合いのあるところから良いお魚を持ってくるとのこと。

これから、名古屋で一人暮らしの予定ですが、柳橋市場の近くで住んで、魚の勉強、しっかりしたいと思いました。

 

日本中をまわった話をすると大将も若い時食べに行ったとのことでした。やっぱり食は食べないと分かりません。いくら本で読んでもいくら知識をつけてもその味を知らなければなりません。

そして、舌で記憶すること。これが大事とのことでした。例えば、毎日毎日魚を食べていると、段々その味に慣れてしまって、お客さんに感動を与えるのはこういう味だ、というのが分からなくなることがあるそうです。

なので、その味をしっかり記憶して反復して出さなきゃなりません。
お客さんにそれぞれの期待に応えられるのも、個人店の強さだと言っておりました。オーダーメイドで、なんでも作るとの事。

言われれば、寿司もカレーライスも何でもやるとのことで、本当に柔軟にやられてるんだなあということを感じました。

そのために、昔、色々なお店で1年とかすごく安い給料で良いので、ということで働かせてもらっていたそうです。なので、天ぷらもできるし、ケーキもできるし。そういうところは研究熱心ですごいなあと思いました。

料理ついても2800円という価格でとても素晴らしい料理を、食べられます。優しくて、綺麗で大満足です。


写真はこんな感じで。一部ですが。

 f:id:kenchan1023:20160906233336j:imagef:id:kenchan1023:20160906233352j:image

f:id:kenchan1023:20160906233407j:image

 優しい味に癒されて、地元に戻ってきたんだなあと思いました。これからも色々なことを教えていただきたい、豊田市の名店です。

 

そして、夜には仲の良い人たちを家に招待して、お寿司やりました(^○^)

シャリにかなりこだわってやったので、色々改善できました。お米、水、酢、塩、砂糖そして温度管理。これからもっともっと練習して、うまくならなきゃなりません。

今よりまだまだ改善の余地があるので、やっていきたいですね(^○^) 

f:id:kenchan1023:20160906234327j:image

昨日の風景。。。実はカメラマンがいますが、取材も受けております。

実際にどのようになるかはわかりませんが、もしかしたら新聞にも載るかもしれないということで、より一層身の引き締まる思いでした。また、いろいろな質問をしてもらう中で、自分の中でまた整理ができました。

 

これから本当に楽しみです。

 

明日はお酒などもまた見てこようかなぁと思います。毎日毎日勉強です!楽しいなあ。。。