けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

2017年夏までに名古屋での寿司屋開店を目指す、26歳が日々思うことを書いています!Twitter: kenchansushi

芸人のライブ感想!

こんばんは!

 

今日は久しぶりに実家に戻って寿司握りました!また詳細は明日にでも(^○^)

 

昨夜は友達が芸人になって、トークライブをするということで、新大久保のすごく小さいスタジオでしたが、見てきました!

f:id:kenchan1023:20160906004245j:image

正直見たことがある人もいなくて、まだまだこれから売れていく人たちなんだろうと思ったんですが、普通にみんなめっちゃ面白い!

「神様はいるかいないか?」のような答えがないようなことをひたすらディベート。それを面白おかしくやるトークライブなんですが、とにかくそれぞれのキャラがあって面白かった!

すごく計算されたことをしている人もいれば、ノリで何も考えずにしてるような人もいたし、完全にキャラで持っていっちゃう人も。また、司会の2人は相当実力者。M-1も決勝まで出たようで、とにかくいじりが上手い。間というか。


そして、何よりああやって人前に立って芸をするっていう姿がカッコよく、みんな眩しく見えました。ネタライブと違って激しくすべるということはあんまり無いみたいで、それでも一瞬危ない感じもありましたが、それを周りがネタにしてたので、基本的には盛り上がってました。

そんで、最後に素人の人が何人か上がって話したシーンがあったんですが、その時に思ったこと。やっぱり芸人の方々は話がうまい!

例えば、何かに関連したトークをするとき、背景知識を持っているか持っていないかそれぞれお客さん毎に違います。なのでそこはしっかりフォローを入れたり、そんな心配り一つでお客さんを、置いてきぼりにはしない工夫がありましたし、何より発声法がしっかりしていて、よく耳に入ってくる。

顔の向き、体の向き、いろんなことがすごく些細なことなんですが、人前に立つにはこういうことって大事だなあと思いました。

それから、緊張感ってのはすごく伝わるということ。ライブが始まるとき、お客さん側の僕らも少し緊張してます。

そこで、前に立つ人の緊張も伝わります。でも上手い人は、そこで、前で全員を見てニコッと。こういうひとつのことで、お客さんは安心してみることができるんだなって思いました。

あと、トークライブなので、基本的に芸人さんたちが話すだけですが、その中でも上手い人は、話にお客さんを巻き込むような感じで話をします。

「この感覚、みなさんも分かるでしょ??」というように質問を投げたり。返答を期待してるわけではなくて、たぶん一体感とか置き去りにしないといったことをしてるんだと思いました。

とにかく深くて深くて見ていてとても勉強になりました。

そして、そのあと友達とは飲んだんですが、彼が言ってたのは、芸人はライブに出てるときだけが仕事じゃないということ。例えばネタを書いているときもそうだし、街を歩いていても面白いことを探したり。だから24時間働いてるようなもの。それを時給に直したらそうとうキツいとなってくる。それでも1000人に1人とかしか売れない中でもずっとみんな頑張ってるみたいです。

神様はいるかトークのときに、そういうことをぶっちゃけて言う人もいましたが、それはちょっと白旗あげちゃってる感は否めませんでした。そこをネタにできる人が強い人なのかなあとか。どこまでボケ続けられるのかが大事なのかなあとか思いましたし、それがカッコ良いよなあって。舞台の上に上がるってことだけでも、本当にすごいなあとは思うんですが。

よく笑って、いろんなことを考えさせられて、すごく貴重な時間でした!