けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記

初めてのスナック体験!

昨夜はひさ田さんに行きました。

アクセスはかなり悪いですが、いつも満席。2ヶ月前にやっと予約が取れた次第です。

また行きたいと思うようなお店でした。

訪問記はまたの機会に。


そして、お寿司屋さんで同席してた方々にお誘いを受けて、岡山の街へ繰り出しました。そして、人生初スナックに連れて行ってもらいました。

お店の決め方は、入って、雰囲気を見ながら、ママに「セットいくら?」みたいな会話をし、そして決めるようです。

10店ぐらい見て、最後のところに。ママは35歳なのに「ババア1人しかいないけど大丈夫?」みたいな感じで、超おもろい予感が。。

値段交渉も最初に5000円って言ってたのに、3000円でもOKとのこと。笑
安くなりすぎ。

そして、5人で貸切でした。

入ると、お酒とちょっとしたおつまみ。そして、カラオケがありました。

ママも特にドレスとか着てるわけじゃなく、普段着という感じ。

Tシャツにジーンズ。

こんなゆる〜い感じなんだと拍子抜けしました。

ちなみにママ。画像見つかりました(^○^)f:id:kenchan1023:20160828184106j:image

そんで、ママの空気感の作り方。長年人と話しているからか慣れているし、初めてとは思えない感じで、すごく居心地が良い。

スナックの魅力にとりつかれそうになった次第です。

 

僕は最近、スナックっていうものを噂に聞いて、すごい面白いなあと思ってました。
それはなぜかと言うと、完全にママの人柄の勝負だからです。

常連さんがつくには、例えば飲食店ならコストと味と居心地の良さと人の良さとっていろんな要素が絡むと思います。

先生でも教え方がうまいとか。

講演会をするならその人の知識に人が集まります。

 

もちろん人柄っていうのが大事なんですが、とは言えそれは一つの要素でしかないはずです。

 

それに比べ、スナックはどうでしょうか?

コンビニで買えるお酒とおつまみ。


カラオケも特に変わったことがなく、カラオケに行けばもっと良い設備で歌えます。

となると、本当にママの人柄。トーク。聞き方。つまり完全なる「個」の能力というのか空気感に人が集まります。

 

僕はなので、就活の時に、「人を見てくれる」という理由で会社選びをした人は、少し働いて人間力がついたと思ったら、すぐにスナックをすると良いと思います。
スナックは本当に面白い。

 

店を回していく上でも、常連さんが差し入れしてくれたり、例えばエアコン壊れたら直してくれたりもするみたい。

貨幣経済の上位概念である、評価経済がもろに反映されるというすごく面白い場です。

そして、経営のことも学べるはずだし、いろいろなコネクションもできるかもしれません。

いやー、スナックいいなあ。

 

というお話でした(^○^)

 

そして、やっぱり人の縁も素晴らしいなあと再認識です。

 

昨日のママはお父さんが寿司屋さんだったそうで、そのお話を教えていただいたり、飲みに連れて行ってくれた方の中にも親戚がお寿司屋さんとか、飲食関係で色々なことを教えていただきました。

 

これからも常に、ノリ良く、面白いと思ったところに飛びついて、色々な人のお話を聞いて、勉強したいと思えた1日でもありました!

 

出会いは素敵です(^○^)