けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

寿司屋の修行なしに開業した26歳の成長日記

目指すは遊戯君。自分の手札を有効に使う!

こんばんは!

 

今日は家でたくさん料理しました。

ランチを親に作ってから、昼過ぎにいろいろ調べて、夜ご飯も作った後に、明日家族にお寿司を握るので、それに向けて、少し仕込みをしました。

 

ランチはこんな感じで、パスタやらマグロとアボカドやら、アヒージョやら、魚介を使ったものをやってみたりしました。

f:id:kenchan1023:20160825234120j:imagef:id:kenchan1023:20160825234130j:imagef:id:kenchan1023:20160825234141j:image

 

喜んでもらえて良かった(^○^)

そして、夜は友達に教えてもらったネギソースを使って、魚にかけて食べました。

f:id:kenchan1023:20160825234221j:imagef:id:kenchan1023:20160825234312j:image

 

寿司だけじゃなくて、和食だけでもなくて、いろんな国のいろんな料理に様々なヒントが隠されてます。

これは中華のソースですが、うまくやれば、おつまみとして出しても良いですし、お寿司にかけても良いのかなあとか思ったり。少し油っぽいと合わないかなあ。

 

いろいろチャレンジしたいものです。

 

そんで今日思ったことは、僕は遊戯君になるという話。

 

料理の世界にこれから飛び込んでいくわけですが、僕の周りでそういう道に入った人ってごくわずか。

だから、僕らの年齢ですでにお店を持っている人とかっていないと思います。

 

でも、料理の道に早くから入っていたら、例えばフレンチ、例えばイタリアン、例えば中華と各方面にそれぞれのプロフェッショナルがいるんだと思います。

 

今僕は25歳ですから高卒で入ったら7年、中卒なら10年になるわけですから。

 

そうなったとき、それは手札が全てブルーアイズの状態。つまり海馬瀬人です。

 

強力なカードを駆使して突き進んでいくことができる。

 

ただ僕は、まだ1年弱ですから、なかなかそうもいきません。

 

ただ、逆に周りにはいろんな業界の人がいます。

 

ネギソースを教えてくれたのは昔中華をやっていた友達ですが、今は魚の貿易業をしていて、魚の保存方法などは詳しいですし、現場の知り合いもかなりたくさんいるようです。

今日も彼から電話をもらって、紹介するよーということを言ってもらいました。

 

他にもブログの書き方や、仕組みを教えてくれる友達。

 

また、食品梱包材のことをやっている先輩。

 

新聞記者をしていて、僕のことを記事にしたいと言ってくれる同級生。 

こんな感じで、いろんな分野にいろんな知り合いがいます。

 

また、全国いろんな場所に友達がいるのも、今回の旅ですごく強みとなっているような気がします。

 

こうなってくると僕は武藤遊戯君になろうと思うわけです。それぞれは違う分野のまだまだ経験のないカードですが、それらがコンボ攻撃をすることで、何倍もの力を発揮することができるはずです。

 

大学院まで行ったり、留学したり、旅をしたり、こういうことを通じて得たものというのは活かさなければいけません。

 

よく、コネを嫌う風潮が日本にあるような気がします。でも、僕からしたらコネこそかなりのラッキーカード。生まれた時点で与えられた最高の切り札なわけです。

 

これは使う時を判断する必要はあるかもしれませんが、とても有効で自分を飛躍させる一手だと思ってます。

 

僕にももしかしたらそんなコネがあるかもしれませんし、これから作っていくかもしれませんが、今一度自分が持っている手札というものを見直そうと思いました。

 

これから、自分がどのような形で、どのようなことをしていくかというのは、過去の延長でしかありません。

 

Life is like a field of newly fallen snow; where I choose to walk every step will show.

人生というのは、新雪の積もった平野のようなものだ。足跡1つ1つが進む道をを示してくれる。

 

f:id:kenchan1023:20160825235456j:image

 

こんなものがなぜか、浪人生のときから壁に貼ってあります。

 

なんで貼ったのでしょうか。

 

よく分かりませんが、遊戯君のように自分の手札を最大限に使って生きていかなければなりません(^○^)

 

明日は寿司を握ってそれをアップしたいです!では!