けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

2017年夏までに名古屋での寿司屋開店を目指す、26歳が日々思うことを書いています!Twitter: kenchansushi

本質を見よう。

f:id:kenchan1023:20160822223501j:image

本質と調べて出てきた画像でした。笑

 

ーーーーーー

台風ですねえ。かなり被害も出てるみたいで大変です。
外出れず、身動きが取れずに、友達の家の中で待機中。学生の時とかって、台風で、休みになれ〜とか言ってて、暴風警報出て帰宅になって喜んでたら、それに対して先生が怒ってたのすごく覚えてます。

台風がどれだけ危ないかってことを分からずにいたら、そりゃあ、子供達は休みってことを聞いたらそういう反応になるし、本質的には「先生の授業がつまらない。」ってのが根本にあったんじゃないかなあと思います。

楽しければ、「え〜帰るの嫌だ〜〜。」となるはずなので。

なのに、先生は怒ってるってのはすごく滑稽なことだったなあとか思えてきちゃいました。

物事ってこういう「本質」はどこにあるのかとか、根本的に見ないといけないことってすごく多いと思いました。

なんか、だいたい立場の上の人が下の人に怒ったり噛みついたりする場合って、その人に根本的には理由があるってこと多いと思います。

例えば上司が部下を怒ってる時は、だいたい上司の環境づくりとか、マネジメント力に問題があって、それってすごく滑稽。
だから、なんか怒鳴りつけたり、怒ったりする人を見ると笑っちゃいます。

外を見ながらこんなこと考えてました。


話は少し変わって、そういえば、昨日会ったのも、留学時代にお世話になってたお姉さんと、仲良くしてもらってた年下の後輩くんでした(^○^)

なんか、東京来て会ってる人がみんな留学時代に知り合った人ばかり。高校とか大学の友達もいるんだけどなあ。


そんで、その中で出た話で、やっぱりおもろいなあと思ったことで、「結局のところ心が綺麗な人は、外見も綺麗になってる。」って話と、「子供は生まれることを選べなくて一方的な押し付けなのに、なんで働けって言われなきゃいけないんだ。」っていう真逆の話でした。笑


人って、もともと見た目ってそんなに大きな差はないですよね。ちょっと気を使えば、あとは表情とかなのかなあって思いました。たしかに、そうで、明るくて笑顔が素敵な人は心が綺麗な人も多い。逆もしかりで、心が汚くなってくると見た目も暗くなっていくし、無駄なことまでして、例えばすごく汚らしくなっていることもあります。

経験則ではありますが、僕の周りでも見た目がすごく変わる人っていて、そういう人はやっぱりすごく心境が色んな要因で変わったりしてる人が多かったかなあとかも思います。

最近、田舎と都市で生活してる人の顔が違うなあとか思ってたんですが、やっぱり色んな理由があると思いますが、心って部分は馬鹿にできないかもしれません。
純粋な人って素敵だし、よく笑う人は好きですね(^○^)


そしてもう1つ。決して、彼は心が汚いわけではなく、すごく頭が良いから、冷静にこんなことを、思ったみたいです。純粋な人ですよ!

でも確かに、親が、子供を産むのはすごく一方的で、生まれる側は生まれたくて生まれるとかそういうことはないです。
だから、ある程度、娯楽的要素で子供を産む人もいると思います。もちろん生物的に子孫を残すことが1番の生きる目的だなんてことは、聞いたことがありますが、でも確かに子供を産むって楽しいってのがあるんかなあとか思います。

それなのに、だんだん大きくなると憎たらしくなるのか、周りの目を気にするからなのか、働け!働け!と言われる始末。

確かに僕も親に言われたことがありますし、それに対して何も言えなかったりするわけですが、彼の考え方ってすごく面白い。

最初の先生の話にも通じていて、それは環境づくりとかが、すごく大事で、やっぱり立場的に上に立つ人は導いてあげる必要ってあるんだなあとか思っております。

僕自身も今までと違う道を行くようになって感じてることです。


先人が例えばメディアや、本を通じてこういう、生き方あるよ?っていうのを、できることを示してくれたからこそこういう判断ができたってことはあります。別に今の時代、会ったことのある人以外のこともすごく影響を受けることはできます。それが本当にありがたかった。

「普通」とか「周りがやってるから」とかそういう理由で生きるのはやっぱり良くないし、あらゆることを本質から見直さなきゃっていうのを彼からまた学んだりもしました。

ん??
別に暗いわけではないですよ(^○^)

ふと、家に1人でいて感じたことです!

それでは〜
天気早く良くなれ〜。