読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けんちゃんのゼロから始める新・鮨バー

2017年夏までに名古屋での寿司屋開店を目指す、26歳が日々思うことを書いています!Twitter: kenchansushi

芋バイブスでバイブス!!

今日の朝は芋バイブスの床で迎えました(^○^)

 

バイブスとは、熊本市内にある焼酎の専門バーで、glocal barとうたって、外国人との交流をしたり、焼酎を通じていろんなことをしてるバイブスを感じる場所です!笑

 

前にairbnbで泊めてくれたカウボーイと仲良くなって一緒に行くことになりました!カウボーイの彼の紹介ですね(^○^)

 

そんで店について、まずは入った瞬間に圧倒されました!

f:id:kenchan1023:20160810004923j:image

 

内装は特にこだわっているみたいです。

 

そして、焼酎も100種類以上揃えていて、ほとんどが蔵元さんに実際に行く徹底ぶり。

コンセプトもしっかりしていて、何をしたいのかというのを知っていて、各方面の、例えば落語会をしたりだとか、そんな風に色んな遊びを入れながら日本文化のワンノブゼムの焼酎を色んなところで売り出していました。

 

オーナーはかなり個性の強い人で、そうとう面白くて、例えば、何かわからないことがあったらもうその場で聞いたり、調べたり。とにかくそのスピード感。

 

また僕が偶然知った焼酎について話をしたら、それもすぐに受け入れ聞いてくれる。こういうこだわりの強いお店にありがちな自分自分になることはなく、意見や知識は常に受け入れ態勢。一緒に話をしたり飲んだりしてて、とにかく居心地が良かったです。

 

他にもブランディングってのにもこだわっていて、自分の履歴書みたいなものを作って公開してたり、ストーリーとかを大切にしてたり、とにかく面白くて、鮨バーをするときの参考にもなりました!

 

また単純に焼酎と寿司ってのが合うっていうのは焼酎業界で結構言われているらしくて、それってかなり大事な視点で、固定観念の強い人は寿司=米=日本酒ってなって凝り固まってますが、普通に焼酎が合うっていうのは化学科的な観点からも言えるみたいです。当然米焼酎もありますし。そういう意味で取り入れないのはもったいないかなと思ってます。

 

こういう発見があるのも旅の醍醐味だし、やってて良かったって思います。出したいような焼酎も少しあったりと本当に楽しすぎますねえー。

f:id:kenchan1023:20160810083024j:image

この焼酎しろとかも気になってます。すごく良い香りで、試してみたいですね。飲み方も色々ありそうですし、困ったら焼酎のスペシャリストの彼に聞いてみようと思います(^○^)

 

他にも途中で寿司屋の話を聞きに行ったりもして、勉強になりました(^○^)

 

まあありふれた感想ですが、やっぱりハマってる人って強いし、本当にハマってたら、どんなことをしても、歯止めがきかなくなってるのはありますねえ。

 

バイブスって名前が本当に意味わからないし、でもそのノリの良さと店作り、マスターの人柄。そんなんもかなり大事に下調べしたんだと思いますねえ。

 

コンセプト作りってのはやっぱすっごく大事。ある程度は客層も選ぶ。ターゲットを決める。そんなんは大事だそうです。

 

とにかく九州はクセのある人が多いイメージです!いい意味で!

とにかく考え出すと、止まらないような。この芋バイブスのオーナーは社会人時代から、有給には酒蔵でボランティアで一緒に働いたりもしたみたい。それぐらいやっちゃうようです!

 

目標を持つことはすごく大事で、その目標がどれぐらいコンセプトを持ってるかってのも大事で、つまり、明確化していれば、社会人時代でも学び準備を続けられたとのことです。飲食業界ではなかったみたいですが。

 

そして、一番驚いたのは友達のいない熊本であえて始めたということ。

鹿児島で仕事をしていたから、酒蔵に関しても知り合いが多いし、鹿児島でしたらお客さんも最初からいる状態で、絶対に間違いない訳だったんですが、あえてそこじゃなくて、新規の場所で自分の価値がどれだけ認められるかやりたかったと言ってました。かなり勝負師でチャレンジャーで、かっこいいなって思いましたねえ。

 

僕も地元の愛知ってのをまずは考えてしまいましたが、そこも色々考えた上で決定するなら良いですが、他のところでも面白そうであればそちらでチャレンジするのも良いかなあなんて。

 

また旅をして、色んな人の話を聞いて、やっていきたいです!

また最後の方で寝落ちしました。。更新が。。

記事書くのは朝にした方が良いのかなあ。夜って楽しんじゃうし。笑

おはようございます!笑では!